[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュの158km直球で素手打者に生まれた珍事 米反響「バットの速度調べて!」

米大リーグのパドレス・ダルビッシュ有投手が6日(日本時間7日)、本拠地マーリンズ戦に先発登板。7回5安打2失点の好投で、3勝目を挙げた。4回には相手打者のバットが、手から離れてベンチ前まで飛んでいくハプニングも。「バットの飛んだ速度を調べて!」「冗談だろ?」などと反響が寄せられている。

7回5安打2失点の好投で3勝目を挙げたパドレスのダルビッシュ有【写真:ロイター】
7回5安打2失点の好投で3勝目を挙げたパドレスのダルビッシュ有【写真:ロイター】

3勝目を挙げたマーリンズ戦、ウェンドルとの打席で生まれた珍事

 米大リーグのパドレス・ダルビッシュ有投手が6日(日本時間7日)、本拠地マーリンズ戦に先発登板。7回5安打2失点の好投で、3勝目を挙げた。4回には相手打者のバットが、手から離れてベンチ前まで飛んでいくハプニングも。「バットの飛んだ速度を調べて!」「冗談だろ?」などと反響が寄せられている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 4回1死走者なしの場面。迎えた打者はいまどき珍しい素手でバットを握るジョーイ・ウェンドル。1-2と追い込んだ6球目、ダルビッシュは外角に98マイル(約158キロ)の直球を投げ込んだ。ウェンドルがこの球をファウルにした際、ハプニングが発生。リーグを代表する投手との対戦に力が入ったのか、バットがすっぽ抜け、一塁側のパドレスベンチの前まで飛んでいったのである。

 ダルビッシュの球威とウェンドルの素手バットが生んだ“珍事”。実際の映像を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏が自身のツイッターに公開し、文面に「ユウ・ダルビッシュの98マイルの直球はウェンドルのバットを圧倒する」と記した。

 米ファンもこれに反応。「バットの飛んだ速度を調べて!」「彼は98マイルを投げるのか?」「ジョーイが打撃手袋をつける議論のきっかけになるかも」「冗談だろ?」などの反響が寄せられた。パドレスはダルビッシュの好投もあり、3-2で勝利した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集