[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

今度はファウルチップ誤審疑惑で物議 バットに当たってないのに空三振「なんだこれ?」

米大リーグでファウルチップを巡る判定に疑問の声が上がっている。2ストライクから内角高めの球に反応し、バットを止めたが、ファウルチップで捕手が捕球したとして空振り三振の判定に。中継映像のスローモーションでは明らかにバットはボールに触れてないように見えるが、よもやの結末となり「審判たちは2022年は最後の年にしたいのか?」「なぜかファウルチップとなった」など米ファンからも反響が寄せられた。

ブルワーズのルイス・ウリアス【写真:ロイター】
ブルワーズのルイス・ウリアス【写真:ロイター】

ブルワーズの打者がバットを止めるも…米ファンから「最悪の判定だ」の声

 米大リーグでファウルチップを巡る判定に疑問の声が上がっている。2ストライクから内角高めの球に反応し、バットを止めたが、ファウルチップで捕手が捕球したとして空振り三振の判定に。中継映像のスローモーションでは明らかにバットはボールに触れてないように見えるが、よもやの結末となり「審判たちは2022年は最後の年にしたいのか?」「なぜかファウルチップとなった」など米ファンからも反響が寄せられた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 6日(日本時間7日)のブレーブス戦に先発出場したブルワーズのルイス・ウリアスは7回1死の場面。カウント1-2から相手の右腕ソーンバーグが投じた胸元への直球に反応したが、バットを止めた。明らかにスイングはしていないが、球審は三振の判定。ファウルチップと判断されたのだ。これにウリアスは驚いたように振り返り、両手を広げて球審に確認。監督も確認に出てきたが、判定が覆ることはなかった。

 捕手のダーノーがファウルチップのジェスチャーをしたようだが、中継映像のスローモーションで見るとバットとボールは1個以上離れているように見える。今季も三振の判定を巡り、たびたび話題となっているが、米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターは「良い言い方をすればフレーミング、悪く言えばファウルチップを売り込む」と捕手ダーノーの仕草に注目しながら映像を紹介した。

 米ファンもこれには納得いかない様子で「最悪の判定だ」「オーマイガー」「なんだこれ?」「ルール知ってる?」「審判たちは2022年は最後の年にしたいのか?」「バカバカしい」「なぜかファウルチップとなった」と判定に対する疑問の声が上がっていた。ウリアス本人も試合後、ガイコツの絵文字3つをつけて返信し、不満の気持ちを表現した様子だ。この三振を含め、4打数無安打。チームは6-3で勝ったものの、後味の悪さが残った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集