[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中希実、東京五輪入賞の1500mで国立凱旋「湧き上がる感動を味わいながら走りたい」

陸上のセイコーゴールデングランプリ(GGP)が8日、東京・国立競技場で行われる。7日は会場で一部選手が会見。東京五輪8位入賞の快挙を果たした女子1500メートルに出場する田中希実(豊田自動織機)が、意気込みを語った。

セイコーゴールデングランプリ前日会見に出席した田中希実【写真:浜田洋平】
セイコーゴールデングランプリ前日会見に出席した田中希実【写真:浜田洋平】

8日セイコーGGPへ会見

 陸上のセイコーゴールデングランプリ(GGP)が8日、東京・国立競技場で行われる。7日は会場で一部選手が会見。東京五輪8位入賞の快挙を果たした女子1500メートルに出場する田中希実(豊田自動織機)が、意気込みを語った。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 田中は国立競技場で行われた東京五輪1500メートルで日本新を連発し、決勝で日本人初の入賞。“凱旋レース”へ「明日は久しぶりに国立競技場で走れるので、タイムよりもレースを楽しめるようにすることを目標にしたい」と活躍を誓った。

 今季は400メートルから1万メートルまで異例の間隔で多数のレースに出場してきた。5000メートルを走った4月29日の織田記念国際は15分23秒87で日本人トップの3位。5月1日の木南記念は右太ももの違和感で800メートルを欠場したが、3日の静岡国際は同種目2分3秒10で優勝した。

「右足の状態はまだ探り探りの状態。完全に良くなってはいないですけど、静岡国際のレースでも走れたので明日はいいスピード感で走りたい。トップスピードを出す練習はせずに足の調子を確認しながらやってきた。正確に調子を図れていないですけど、だからこそ、“生もの”のレースを楽しみたい。その中で自分がどう判断して、どうレースをつくれるか。会見の後にこれから練習するので、そこから組み上げていきたい」

 7月にはオレゴン世界陸上を予定。選考会となる6月の日本選手権を前に海外遠征に向かう。自己ベストは出場選手中唯一の3分台となる3分59秒19。「私にとって国立競技場で有観客は初めての経験です。去年までは無観客。音楽でも盛り上がってはいたけど、歓声のある中で国立で走るのは、経験して初めてわかることがあると思います。明日、走ってみて湧き上がってくる感動、感情を味わいながら走りたい」と誓った。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集