[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

上田桃子、ラウンド中に意外な動物を発見 会場は茨城「コースにめっちゃいるんです」

女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯第3日が7日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で行われている。57位からスタートした上田桃子(ZOZO)は、1イーグル、4バーディー、2ボギーの68で回り、通算2オーバーと巻き返した。朝からの雨でボールがグリーン上で止まる中、ピンに絡むショットを打ち続けた。今季は国内メジャー初優勝を目標にしてきたが、前日までは不調で予選をギリギリで通過できた状態。コース上でカメを見かけ、「ストレスがなさそうで、うらやましい」と思ったことを明かした。

ワールドレディスサロンパス杯に参戦している上田桃子【写真:Getty Images】
ワールドレディスサロンパス杯に参戦している上田桃子【写真:Getty Images】

国内メジャー初戦ワールドレディスサロンパス杯第3日

 女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯第3日が7日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で行われている。57位からスタートした上田桃子(ZOZO)は、1イーグル、4バーディー、2ボギーの68で回り、通算2オーバーと巻き返した。朝からの雨でボールがグリーン上で止まる中、ピンに絡むショットを打ち続けた。今季は国内メジャー初優勝を目標にしてきたが、前日までは不調で予選をギリギリで通過できた状態。コース上でカメを見かけ、「ストレスがなさそうで、うらやましい」と思ったことを明かした。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 上田が雨を味方にスコアを伸ばした。「グリーンが昨日までとは全く違いました」。言葉通り、前日までは硬く速いグリーンに苦労したが、朝からの雨で状態が柔らかくなり、速さも抑えられた。

「ティーショットは悪いままでしたが、このコースでこのスコアは大きい。それに雨が強くなる前に上がれて良かったです」

 確かに上田がホールアウト後、雨脚が強くなった。その分、選手たちはストレスを抱えながらプレーしていたが、上田はストレスフリーに見えるカメをうらやましがった。

「コースにめっちゃ、カメがいるんですよ。どこにでもいるんです。音が出ても全然動かなくて、キャディーさんと『カメ、うらやましいよね~』と言っていました。ずーっと日向ぼっこして、何のストレスもない感じで」

 上田も好スコアで、たまっていたストレスがやや解消。前日のホールアウト時は予選落ちを覚悟していただけに、「ラッキーですし、次のメジャーに向けていろんなことが試せます。でも、もう1回ビッグスコアを出したいですね」と言った。

 そして、明日8日の最終日は「母の日」。試合に帯同している母親に向けて、上田は「結果はともかく、楽しそうにゴルフをする姿を見せたいです」と意欲を示した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集