[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「プラスの意味で…(笑)」 2位浮上の青木瀬令奈、合言葉「センターおばさん」の理由

女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯第2日が6日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で行われた。15位から出た29歳の青木瀬令奈(フリー)が、5バーディー、1ボギーの68で通算5アンダー。首位に1打差の2位に浮上した。厳しいコース設定ゆえに、キャディーを務めた大西翔太コーチと「センターおばさんで」と声を掛け合い、セーフティーなプレーに徹していたことを明かした。首位は、通算6アンダーの山下美夢有(加賀電子)で、3位には通算3アンダーで稲見萌寧(Rakuten)ら4人がつけている。

2位に浮上した青木瀬令奈【写真:Getty Images】
2位に浮上した青木瀬令奈【写真:Getty Images】

国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯第2日

 女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯第2日が6日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で行われた。15位から出た29歳の青木瀬令奈(フリー)が、5バーディー、1ボギーの68で通算5アンダー。首位に1打差の2位に浮上した。厳しいコース設定ゆえに、キャディーを務めた大西翔太コーチと「センターおばさんで」と声を掛け合い、セーフティーなプレーに徹していたことを明かした。首位は、通算6アンダーの山下美夢有(加賀電子)で、3位には通算3アンダーで稲見萌寧(Rakuten)ら4人がつけている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 青木は大西コーチと声を掛け合っていた。「センターおばさんで」「セーフティーこそ最大の攻め」の言葉通り、フェアウェーもグリーンも中央を狙い続けた。欲を出さず、「安全第一」を徹底した。一方で短い距離で第3打を放てるパー5だけはピンを攻め、全4ホールでバーディーを奪った。

「コーチはこのゴルフ場でよくラウンドレッスンをしていて、コースを知り尽くしています。『このグリーンは他よりも硬いよ』と細かいことも教えてくれました。本当に助けられています」

 大西コーチとの出会いによって、青木は大きく進化した。茨城GC東Cで開催された2015年のワールドレディスサロンパス杯を迎える1か月前から、指導を受けるようになってスイング改造。ドライバー飛距離を一気に30ヤード伸ばすことに成功し、同大会で4位に入っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集