[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

加藤豪将、MLB初安打記念球で同僚がいたずら お茶目な“犯人”に米反響「楽しそうだ」

米大リーグ・ブルージェイズの加藤豪将内野手が27日(日本時間28日)、本拠地レッドソックス戦に「8番・二塁」で先発。4回にメジャー挑戦10年目でついに初安打を記録した。その記念球に同僚がお茶目ないたずらを仕掛け、米ファンからは「ブラッディはいつも楽しそうだよね」と笑撃を与えている。

メジャー初安打となる二塁打を放ち、笑顔を見せるブルージェイズの加藤豪将【写真:Getty Images】
メジャー初安打となる二塁打を放ち、笑顔を見せるブルージェイズの加藤豪将【写真:Getty Images】

メジャー挑戦10年目で初安打記録

 米大リーグ・ブルージェイズの加藤豪将内野手が27日(日本時間28日)、本拠地レッドソックス戦に「8番・二塁」で先発。4回にメジャー挑戦10年目でついに初安打を記録した。その記念球に同僚がお茶目ないたずらを仕掛け、米ファンからは「ブラッディはいつも楽しそうだよね」と笑撃を与えている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 4回の第2打席、2死走者なしの場面。加藤は右腕マイケル・ワカの89マイル(約143キロ)のカットボールを左中間へ弾き返し、二塁打を記録した。メジャー挑戦10年目、通算7試合目で飛び出したメモリアルヒット。ベース上で両手を突き上げ、歓喜を表現すると、ベンチ内の同僚も同じように両手を突き上げ、祝福した。感動的なシーンとなったが、この時にお茶目な行動を取ったのが、ブラディミール・ゲレーロJr.内野手だ。

 相手チームからブルージェイズベンチに渡された記念球を受け取ったゲレーロJr.は、観客席へ投げ込むポーズ。昨シーズン、エンゼルス・大谷翔平と争って48本塁打を放ち、すっかり日本人ファンにもお馴染みになった本塁打王は、お茶目ないたずらでファンを沸かせた。加藤がそれだけいじられ、愛されていることを象徴するシーンでもあった。

 球団公式ツイッターが実際の動画を公開。文面に「ゴウスケ・カトウ心配しないで、ブラディは初安打球を観客にあげなかったよ」と記した。米ファンからは「特別なボールだぞ」「ブラッディ(笑)」「ブラッディはいつも楽しそうだよね」と反響を集めたほか、日本ファンからは「やめたげて!」「お茶目」「ブラッディかわいいな」と笑撃の声が上がっていた。

 加藤はカリフォルニア州出身の27歳。2013年にドラフト2巡目でヤンキースから指名され、マイナー契約を結んだ。以降、マーリンズ、パドレスの傘下を渡り歩き、昨年12月にブルージェイズとマイナー契約。開幕ロースター入りし、9日のレンジャーズ戦でメジャーデビューしていた。この試合では7回に代打で退き、2打数1安打だった。ブルージェイズは1-7で敗れている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集