[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也、味方のHRにベンチ内で愛ある行動 打った当事者も「やること全て面白いよ」

米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手が27日(日本時間28日)、敵地ブレーブス戦に「2番・右翼」でスタメン出場。延長10回に生まれた同僚の本塁打にベンチで大喜びする姿が話題に。米ファンを「私のハートが愛で破裂してるわ」と虜にしたが、同僚も「彼はやることすべてが面白い。彼とプレーするのが大好きだよ」などと絶賛しているという。

3回に得点し、ベンチでハイタッチを交わすカブスの鈴木誠也【写真:AP】
3回に得点し、ベンチでハイタッチを交わすカブスの鈴木誠也【写真:AP】

ブレーブス戦で同僚の本塁打に歓喜

 米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手が27日(日本時間28日)、敵地ブレーブス戦に「2番・右翼」でスタメン出場。延長10回に生まれた同僚の本塁打にベンチで大喜びする姿が話題に。米ファンを「私のハートが愛で破裂してるわ」と虜にしたが、同僚も「彼はやることすべてが面白い。彼とプレーするのが大好きだよ」などと絶賛しているという。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 同僚からも地元メディアからすっかり愛される存在になっている。4-3の延長10回1死三塁の場面、右打席に入ったパトリック・ウィズダムがフルカウントから左腕タイラー・マツェックの甘く入った94マイル(約151キロ)を完ぺきに捉えた。勝利を決定づける2ランにベンチにいた鈴木も大喜び。子供のようにぴょんぴょんと飛び跳ね、隣のチームメイトと笑顔でハイタッチを交わした。

 米イリノイ州地元放送局「マーキー・スポーツ・ネットワーク」公式ツイッターが紹介した動画には、米ファンから「私のハートが愛で破裂してるわ」などと話題になっていたが、同メディアは公式サイトでも記事を掲載。「パトリック・ウィズダムの試合を決める本塁打でセイヤ・スズキが最もほっこりするリアクション」とのタイトルで特集されている。

「スズキのベンチでのリアクションはプライスレスだった」と評した上で「ウィズダムはスズキのリアクションが大好きだったようだ」と記述。本塁打を打ったウィズダム本人のコメントとして「最高だよ。やることすべてが面白い。彼とプレーするのが大好きだよ」と話したという。この日は2安打1打点でバットでも貢献した鈴木。日に日に“愛され度”は高まっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集