[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平は全ての球種が高次元 自身も納得「打者の姿勢を崩し続けることができた」

大谷翔平は全ての球種が高次元 自身も納得「打者の姿勢を崩し続けることができた」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)の本拠地ツインズ戦に先発し、6回1/3を3安打11奪三振1失点と快投を披露。降板後に追いつかれて4勝目を手にすることはできなかったが、見事な奪三振ショーを展開。対戦したツインズのローガン・モリソン内野手が「自分にとってはオオタニが世界最高のプレーヤーだ」と絶賛したことも話題を呼んでいた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

ツインズ戦で自身2度目の2ケタ奪三振を達成、対戦相手からも絶賛が相次いでいる

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)の本拠地ツインズ戦に先発し、6回1/3を3安打11奪三振1失点と快投を披露。降板後に追いつかれて4勝目を手にすることはできなかったが、見事な奪三振ショーを展開。対戦したツインズのローガン・モリソン内野手が「自分にとってはオオタニが世界最高のプレーヤーだ」と絶賛したことも話題を呼んでいた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 投打に強烈な存在感を発揮し続ける大谷。6度目の先発だったツインズ戦では、持ち球すべてで相手を圧倒した。

 大谷自身も「全ての球種でバランスを保つ事ができた」と振り返っている。米スポーツ専門サイト「スポルティングニュース」が報じている。

「ツインズ2塁手のブライアン・ドージャーは、大谷のスプリッターに対するマイク・ソーシアの評価に賛同した」

 記事では、まずツインズのドージャーが「彼のスプリット・フィンガーは本当に良かった。簡単な説明だが、投球は毎回同じ動きをせず時には左に、時には右に飛び、いつもストライクゾーン下側に集まっていた」とコメントしたことを伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー