[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

好調・鈴木誠也、三振後の“些細な行動”に米記者注目「明らかにイライラしていた」

米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手が16日(日本時間17日)、敵地ロッキーズ戦に「6番・右翼」で先発し、3打数2安打1四球だった。四球のみの試合を除き、メジャーデビューから7戦連続安打の好調をキープ。一方、大きく外れた変化球に空振り三振を喫し、悔しがる姿を見せた。画像を公開した米記者は「明らかにイライラしているようだった」と注目した。

ロッキーズ戦の第1打席に二塁打を放ったカブスの鈴木誠也【写真:AP】
ロッキーズ戦の第1打席に二塁打を放ったカブスの鈴木誠也【写真:AP】

空振り三振を喫した鈴木誠也の姿に米記者注目

 米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手が16日(日本時間17日)、敵地ロッキーズ戦に「6番・右翼」で先発し、3打数2安打1四球だった。四球のみの試合を除き、メジャーデビューから7戦連続安打の好調をキープ。一方、大きく外れた変化球に空振り三振を喫し、悔しがる姿を見せた。画像を公開した米記者は「明らかにイライラしているようだった」と注目した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 好調の鈴木のバットが空を切った。1-4の4回1死二塁。外角139キロスライダーにバットが回った。ボールゾーンの球に手を出したシーン。バランスを崩し、左足をバッターボックスから大きく踏み出し、投手方向に尻を向ける格好になった。

 地面に軽くバットを打ちつけ、悔しそうにベンチに戻った場面。米スポーツメディア「SBネーション」のカブス専門サイトでライターを務めるサラ・サンチェス氏が注目した。ツイッターに画像を公開。文面に「セイヤがボール球に空振り三振。彼は明らかにイライラしているようだった」と印象をつづった。同氏はカブス情報を扱うポッドキャスト番組「クッパ・カビー・ブルー」でもホストを務めている。

 2試合ぶりに先発した鈴木は、2回に強烈な中越え二塁打。四球も選び、打率.409、出塁率.533と高い数字をマークしている。米メディアも「このスズキって男は最高にイケてる」と称賛していた。四球のみの試合を除き、7試合連続安打。日本人のメジャーデビューから7戦連続は2007年岩村明憲の9試合に次ぐ記録で、03年松井秀喜に並んだ。凡退時の姿にも注目を集める存在になっているようだ。カブスは6-9で敗れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集