[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

198cm&70kgの規格外ボクサーが暫定王座獲得 9回TKOで米絶賛「威力のレベルが違う」

9日に行われたボクシングのWBC世界スーパーウェルター級暫定王座決定戦(米ラスベガス)は、同級2位で198センチの長身セバスチャン・フンドラ(メキシコ)が、9回終了で相手の同級1位エリクソン・ルビン(米国)の棄権によりTKO勝ち。暫定王座を手にした。互いにダウンを奪う熱戦だったが、フンドラには現役世界王者からも「チートコードだ」などと称賛が寄せられている。

セバスチャン・フンドラ(写真は2021年)【写真:Getty Images】
セバスチャン・フンドラ(写真は2021年)【写真:Getty Images】

フンドラが9回TKOでルビンに勝利

 9日に行われたボクシングのWBC世界スーパーウェルター級暫定王座決定戦(米ラスベガス)は、同級2位で198センチの長身セバスチャン・フンドラ(メキシコ)が、9回終了で相手の同級1位エリクソン・ルビン(米国)の棄権によりTKO勝ち。暫定王座を手にした。互いにダウンを奪う熱戦だったが、フンドラには現役世界王者からも「チートコードだ」などと称賛が寄せられている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 強さを発揮した。2回残り10秒、頭一つ分は背が高いフンドラが、177センチのルビンの顎を右アッパーで打ち抜く。後ろ向きにダウン。フンドラは飛び上がって喜んだ。立ち上がったルビンだが、ダメージは残っていた模様。ラウンド終了のゴングに救われた。

 その後、7回にはルビンが逆にダウンを奪うなど試合は白熱。しかし、ルビンの顔面は大きく腫れあがり、9回終了で棄権せざるを得なかった。TKO勝ちのフンドラが暫定王座を手にした。

 通算19勝(13KO)1分けと無敗を継続したフンドラに、ツイッター上でも称賛の声が寄せられた。WBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォードは「フンドラはチートコードだ」などとその能力を評価。米紙「USAトゥデー」の元記者、ボブ・ベリン氏は「9ラウンドでフンドラは無敗のまま激闘を終えた。素晴らしい試合だった」と称えた。

 また米専門誌「ザ・リング」に寄稿するライターのマイケル・モンテーロ氏も「素晴らしいコーナーワークだった。両者ともよく頑張ったが、フンドラのパンチの威力はレベルが違った」と、フンドラの攻撃力を評価していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集