[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 投手の恐怖体験? 頭部付近の“161キロキャッチ”にヒヤリ「これはクレイジー!」

投手の恐怖体験? 頭部付近の“161キロキャッチ”にヒヤリ「これはクレイジー!」

米大リーグで100.2マイル(約161キロ)のライナーを頭部付近で見事にキャッチするスーパープレーが生まれた。思わず肝を冷やすような“クール”なファインプレーをMLB公式ツイッターが動画付きで公開。米ファンは「野球選手が体験できる最も恐ろしい経験の1つ」「信じられないほどのキャッチだ」「私までビックリした!」と反響を呼んでいる。

ワンダー・スエロ【写真:Getty Images】
ワンダー・スエロ【写真:Getty Images】

投手が頭部付近ライナーを捕球…米ファン「野球選手が体験できる最も恐ろしい経験」

 米大リーグで100.2マイル(約161キロ)のライナーを頭部付近で見事にキャッチするスーパープレーが生まれた。思わず肝を冷やすような“クール”なファインプレーをMLB公式ツイッターが動画付きで公開。米ファンは「野球選手が体験できる最も恐ろしい経験の1つ」「信じられないほどのキャッチだ」「私までビックリした!」と反響を呼んでいる。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 観ているファンまで思わず、目を瞑ってしまいそうなシーンだった。見事な反射神経を披露したのは、ナショナルズのワンダー・スエロ投手だ。

 8日(日本時間9日)のパドレス戦、4-0とリードした9回だった。この回からマウンドに上がったスエロは先頭のへドリーに対し、カウント0-1から投じた2球目をジャストミートされた。綺麗に真正面へはじき返すライナー。しかも襲ったのは頭部付近だ。しかし、観客があっと息をのんだ次の瞬間には、もう白球がグラブのなかにあった。

 背番号51は顔をそむけながらもきっちりと反応し、グラブを出した。そして、しっかりとキャッチしていたのだ。思わずマウンド上で仰向けになったスエロだったが、球場全体が騒然とするなかですぐに立ち上がり、アウトのコールを聞くと「どうだ」とばかりに笑みをこぼしていた。自分の身とピンチを防ぐ美技となった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー