[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • メッシの名前が「セリア」に? バルサ、ユニホームの“ネーム変更”の理由が温かい

メッシの名前が「セリア」に? バルサ、ユニホームの“ネーム変更”の理由が温かい

サッカーのスペインリーグ1部バルセロナが9日(日本時間10日)に行われた試合で、ユニホーム背部のネーム部分が“謎の名前”に全選手変わっていた。メッシは「SELIA(セリア)」など、脈絡のない名前がズラリ。クラブ公式ツイッターは試合前の整列の様子を動画付きで公開しているが、ファンからは「素晴らしい仕事だ、バルセロナ」と温かい声が集まっている。

バルセロナイレブン【写真:Getty Images】
バルセロナイレブン【写真:Getty Images】

イニエスタは「MARI」、スアレスは「SANDRA」…ユニホームに“異変”のなぜ

 サッカーのスペインリーグ1部バルセロナが9日(日本時間10日)に行われた試合で、ユニホーム背部のネーム部分が“謎の名前”に全選手変わっていた。メッシは「CELIA(セリア)」など、脈絡のない名前がズラリ。クラブ公式ツイッターは試合前の整列の様子を動画付きで公開しているが、ファンからは「素晴らしい仕事だ、バルセロナ」と温かい声が集まっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 ビジャレアル戦、試合前に整列したバルサイレブン。いつものように青と赤のユニホームをまとって並んだ。戦いに挑む面々は通常と変わらないように見えるが、背中にある“異変”が起こっていた。

 メッシは「10」の上にあるネーム部分に「CELIA(セリア)」と記されていた。メッシだけではない。イニエスタは「MARI(マリ)」、スアレスは「SANDRA(サンドラ)」など、全員が本来とは異なる名前を着けているのだ。

 いったい、なぜ――。

 実はこれは母の日にちなんだイベント。全員が母の名前を背中に入れ、公式戦に挑んだのだ。クラブ公式ツイッターは「キックオフに先立って、世界中の母親にぴったりのトリビュートが行われた。彼女らは本当のチャンピオンです」とつづり、世界中の母親に敬意を払っている。

 動画付きで公開され、コメント欄には「これを見れるのは素晴らしい」「素晴らしい仕事だ、バルセロナ」と粋な演出に喝采が沸き起こっていた。試合も5-1で快勝。クラブ史上初の無敗Vに前進し、選手たちの母にとっても、嬉しい贈り物となった。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー