[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

投手の恐怖体験? 頭部付近の“161キロキャッチ”にヒヤリ「これはクレイジー!」

ファンもヒヤリ「ポジションを守る事とは、こういう事だ」

 MLB公式ツイッターは「バットから放たれた100.2マイル。なんてかわいそう」と題し、打球速度が100.2マイル(約161キロ)だったことを紹介。わずか18.44メートルの距離を飛んできた時速161キロの打球に反応して捕球しているのだから、お見事というほかない。映像を目の当たりにしたファンも続々と驚きの声を上げた。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

「野球選手が体験できる最も恐ろしい経験の1つ」「私までビックリした!」「信じられないほどのキャッチ」「1.素晴らしいキャッチ! 2.彼が無事で良かった! 3.恐ろしい!」「ポジションを守る事とは、こういう事だ」「これはクレイジー!」などと反響を呼び、再生回数は20万回を突破している。

 結局、1回無失点に抑え、試合を締めくくったスエロ。今季メジャーデビューしたばかりでまだまだ知名度は低いが、スーパーキャッチで一躍、注目を集めた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集