[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

覚醒した20歳西郷真央、3週ぶりもう2勝目 師匠ジャンボ尾崎へ「胸張って報告できる」

女子ゴルフの国内ツアー・アクサレディス最終日が27日、宮崎・UMKCC(6546ヤード、パー72)で行われ、2打差の3位で出た20歳の西郷真央(島津製作所)が5バーディー、1ボギーの68で回り、通算9アンダーで逆転優勝を果たした。今季開幕戦以来の3週ぶりツアー通算2勝目。初優勝まで7度の2位になるなど苦労したが、早くも2度目の栄冠に輝いた。

ツアー通算2勝目を挙げ、笑顔を見せる西郷真央【写真:Getty Images】
ツアー通算2勝目を挙げ、笑顔を見せる西郷真央【写真:Getty Images】

国内ツアー・アクサレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・アクサレディス最終日が27日、宮崎・UMKCC(6546ヤード、パー72)で行われ、2打差の3位で出た20歳の西郷真央(島津製作所)が5バーディー、1ボギーの68で回り、通算9アンダーで逆転優勝を果たした。今季開幕戦以来の3週ぶりツアー通算2勝目。初優勝まで7度の2位になるなど苦労したが、早くも2度目の栄冠に輝いた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 西郷がもう2勝目を手にした。前半5番は10メートルのロングパットを沈めてバーディー。7、8番でも連続バーディー。9番でボギーを叩いたが、後半10番で5メートル、13番で4メートルのバーディーパットを入れて逆転Vを飾った。

「2打差で出たので(5打差だった)初優勝の時よりもトップとの差が近くて、意識して出る形になった。最初は優勝を気にしないようにプレーして、後半になるにつれてトップが団子状態になった。最後は緊張してプレーしていた。2勝目が凄い難しいと言われる中で早めに挙げられて凄くホッとしています。アプローチ、パットで繋げて大崩れしなくなったのが大きい」

 これまで武器のショットでスコアを支えたが、ミスショットの際に「なんでグリーンに乗らないんだろう。あんなにいいショットをしたのに」と引きずった。「今は気持ちを切り替えて次のアプローチに集中している。ショットに頼らないことを心掛けている」。今季ショートゲームに自信を持てるようになったのは、練習方法を変えたことも一因だという。

 今までは納得のいくまでショット練習をしてからアプローチ、パターを練習。「疲れて途中でできなくなることもあった」。このオフから順番を逆に変更。より集中力を保って練習できるようになった。「変えてから上手くいくようになった。(今までの割合は)ショットの8対2。今は平均すれば5対5」。この日の8番パー5は10ヤードのアプローチで2メートルに寄せてバーディーを奪った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集