[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュア世界選手権 ウクライナの手作りワッペン着用したオーストリア代表が話題

フィギュアスケートの世界選手権が23日、フランス・モンペリエで開幕し、初日は女子とペアのショートプログラム(SP)が行われた。ロシアのウクライナ侵攻が続く中で行われる今大会、オーストリア代表はジャージにウクライナカラーの手作りワッペンを着用し、話題になった。

世界選手権・女子ショートプログラムに出場したオルガ・ミクティナ【写真:Getty Images】
世界選手権・女子ショートプログラムに出場したオルガ・ミクティナ【写真:Getty Images】

ウクライナ出身の18歳ミクティナらがハート型の水色と黄色のワッペンを着用

 フィギュアスケートの世界選手権が23日、フランス・モンペリエで開幕し、初日は女子とペアのショートプログラム(SP)が行われた。ロシアのウクライナ侵攻が続く中で行われる今大会、オーストリア代表はジャージにウクライナカラーの手作りワッペンを着用し、話題になった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 戦禍にあるウクライナに想いを届けた。女子SPに登場し、演技を終えたオルガ・ミクティナ(オーストリア)は、得点を待つキスアンドクライで着たジャージの左胸に、水色と黄色のウクライナカラーをしたハート型のワッペンを着用していた。自身もウクライナ出身という18歳。故郷に対する想いもあったのだろう。その後に行われたペアの選手も同様のワッペンを着けていた。

 大会前日、ペアの女子選手ミリアム・ツィーグラーはハサミや紙を使い、ワッペン作りに励む選手たちの様子をインスタグラムで公開。手作りであることを明かしていた。演技後には、日本のファンからも「ミクティナさんのジャージのハートマーク素敵」「ハリコフ生まれだものねミクティナちゃん(涙」など、胸打たれた様子のコメントがネット上に上がっていた。

 特別な環境下で行われる世界選手権。スケーターたちは戦禍にある仲間の国を思いながら、銀盤でそれぞれの演技をしている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集