[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

平野歩夢の高校同級生・高橋彩華が2位から初Vへ「北京五輪に鳥肌…私もここぞで強気に」

国内女子ゴルフツアー今季第3戦・Tポイント×ENEOS第2日が19日、鹿児島高牧CC(6419ヤード、パー72)で行われた。初日は悪天候の影響で午後6時21分に日没サスペンデッド。ホールアウトできなかった選手が第1ラウンド(R)の残りホールを消化し、その後、全選手が第2Rを実施した。36ホールを終え、1998年度生まれで「黄金世代」の高橋彩華(東芝)が、通算6アンダーで2位につけた。第1Rは12番からの7ホールで1つスコアを伸ばし、第2Rは6バーディー、1ボギーの67で回った。高校の同級生で、北京五輪スノーボード男子ハーフパイプ金メダリストの平野歩夢に刺激を受けた23歳が、悲願のツアー初優勝を目指す。1打差の首位には、通算7アンダーの堀琴音(ダイセル)が立っている。

通算6アンダーで2位につけた高橋彩華【写真:Getty Images】
通算6アンダーで2位につけた高橋彩華【写真:Getty Images】

国内女子ツアー第3戦・Tポイント×ENEOS

 国内女子ゴルフツアー今季第3戦・Tポイント×ENEOS第2日が19日、鹿児島高牧CC(6419ヤード、パー72)で行われた。初日は悪天候の影響で午後6時21分に日没サスペンデッド。ホールアウトできなかった選手が第1ラウンド(R)の残りホールを消化し、その後、全選手が第2Rを実施した。36ホールを終え、1998年度生まれで「黄金世代」の高橋彩華(東芝)が、通算6アンダーで2位につけた。第1Rは12番からの7ホールで1つスコアを伸ばし、第2Rは6バーディー、1ボギーの67で回った。高校の同級生で、北京五輪スノーボード男子ハーフパイプ金メダリストの平野歩夢に刺激を受けた23歳が、悲願のツアー初優勝を目指す。1打差の首位には、通算7アンダーの堀琴音(ダイセル)が立っている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 高橋は会見で、「自分のラウンドが思い出せないくらい疲れました」と振り返った。この日は第1R7ホール、第2R18ホールの計25ホールを回ったからだ。しかも、午後からは最大瞬間で秒速13.4メートルの強風が吹く中、「1打1打が精いっぱい」だったが、ミドルパットを立て続けに決めてバーディーを重ねた。

 高橋は渋野日向子、勝みなみ、原英莉花らと同じ「黄金世代」で、昨季も幾度となく優勝争いを演じてきた。「いつ勝ってもおかしくない」と言われながら、最終日にスコアを伸ばせない展開が続いている。「今季こそ」の思いで準備をしていた2月、新潟・開志国際高で同級生だった平野が北京五輪で金メダルを獲得した。

「クラスは違って体育の授業で見かける程度でしたが、北京五輪はテレビで見ていました。ラスト1回しかない状況で完璧なプレー(演技)をして金メダルを獲った瞬間を見て、鳥肌が立ちました。そして、『メンタルがすごい』と思いました。私も『ここぞ』という時にあれぐらい強気でいたいです」

 首位の堀とは1打差。今こそ「ここぞ」の力を発揮する時。国民的ヒーローとなった同級生の頑張りもパワーに、「黄金世代」10人目のツアー優勝を目指す。

◆「黄金世代」の優勝者

 勝みなみ、畑岡奈紗、新垣比菜、大里桃子、河本結、渋野日向子、原英莉花、小祝さくら、浅井咲希

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集