[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

B1史上最多の圧巻26リバウンド A東京・サイズ、名作漫画の“金言”を体現した奮闘

「リバウンドを制するものは試合を制す!!」

アルバルク東京のセバスチャン・サイズ【写真:ALVARK TOKYO】
アルバルク東京のセバスチャン・サイズ【写真:ALVARK TOKYO】

来日3年目のスペイン代表経験者、秋田戦で驚異的な活躍

「リバウンドを制するものは試合を制す!!」

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 これは不朽の名作漫画『SLAM DUNK』で赤木剛憲が発した金言だ。

 3月16日に行われたバスケットボールB1リーグのアルバルク東京VS秋田ノーザンハピネッツ戦は、まさにリバウンドが結果を左右した試合だった。トータルのリバウンドを比較すると、東京が46本で秋田は31本。それが79-69というスコアにつながっていた。

 特筆すべきは1人で26リバウンドを記録し、B1の1試合最多記録を塗り替えたA東京のセバスチャン・サイズだ。

 A東京にとって、16日の試合は“絶対に負けられない戦い”だった。秋田には12月のアウェー戦で連敗しており、今季の通算成績は1勝2敗。またB1東地区の上位争いも激戦で、4チームが勝率7割台で競り合っている。有利な順位、会場でチャンピオンシップに進むためにも、終盤戦の「1勝」が重くなる。そんな大一番のヒーローがサイズだった。

 サイズは205センチ・106キロのインサイドプレーヤーだ。ワールドカップ予選にスペイン代表として出場したキャリアを持ち、今季が来日3年目。2020-21シーズンは千葉のB1制覇に貢献し、A東京が移籍金を負担して彼を引き抜いた。

「高さ」「強さ」で彼を上回る選手は少なくない。しかしサイズは跳躍力と機動力、そして献身性に圧倒的な強みがある。彼はそのままパリコレクションのランウェーを歩けそうな手足の長い“モデル体型”の持ち主で、ウイングスパンはなんと7フィート6インチ(約231センチ)。跳躍力と腕の長さの相乗効果で、最高到達点はおそらくB1最高だろう。

 ただし今回の驚異的なスタッツには、チームメートの負傷というネガティブな背景もある。ライアン・ロシターは左下腿筋損傷で、3月6日の三遠ネオフェニックス戦以降の3試合を欠場中。日本国籍(帰化選手)のビッグマン不在は、チームに様々な影響を与える。

 ルカ・パヴィチェヴィッチ・ヘッドコーチ(HC)は選手を満遍なく起用するタイプの指揮官だが、背に腹は変えられない。相手ビッグマンとのマッチアップを考えれば、ロシターとコンビで起用されていたジョーダン・テイラーの出場時間も減らさざるを得ず、逆に直近の試合はアレックス・カークとサイズのプレータイムが30分台を超えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集