[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

僅か18秒で三球三振 日本の高校球児の異常なテンポに米衝撃「15分で試合終わりそう」

18日に開幕予定だった第94回選抜高校野球大会は、雨天のため開会式と1回戦3試合が19日に順延となった。熱戦が期待されるが、米国では昨年の大会に現れたある投手の投球が話題となっている。

昨年の選抜高校野球大会に現れたある投手の投球が米国で話題に(画像は「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターのスクリーンショットより)
昨年の選抜高校野球大会に現れたある投手の投球が米国で話題に(画像は「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターのスクリーンショットより)

昨年センバツの伊藤樹投手に注目

 18日に開幕予定だった第94回選抜高校野球大会は、雨天のため開会式と1回戦3試合が19日に順延となった。熱戦が期待されるが、米国では昨年の大会に現れたある投手の投球が話題となっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 注目を浴びているのは、2021年のセンバツで明徳義塾(高知)と対戦した仙台育英(宮城)の伊藤樹投手。ワインドアップから脚を高く上げ、威力ある速球を外角に投げ込みストライク。捕手からの返球を受けると、またすぐに振りかぶって投球した。これも外角速球でストライク。捕手のサインを見る時間などほとんどなさそうだったが、3球目は外に逃げる変化球で空振り三振を奪った。

 動画ではたった18秒だったが、その間に3球を投じて三振を奪った伊藤。異常なテンポに注目したのは、米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターだった。「息をするための間さえない」と文面につづると、日本のプロ野球・オリックスでもプレーしたアダム・ジョーンズも「できるよ。hahahhahaha」とこれに反応した。

 米ファンからは「変わってるね」「審判にとっては夢のようだね」「速すぎる」「最高じゃん」「投球はこうあるべき」「15分で試合終わりそうだ」「テンポね!」などとコメントが集まっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集