[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、米国にいた“古参サポーター”が話題 豪快ダンクで興奮「ガチのファンかも」

米プロバスケットボール(NBA)は、ウィザーズがウォリアーズと14日(日本時間15日)に対戦した。ウィザーズの八村は3ポイントを2本決めるなど、12得点を記録。第4クオーター(Q)では豪快なダンクを決めると“古参”のファンが、立ち上がって喜ぶ光景もあり、注目を集めた。

14日(日本時間15日)の試合でステフィン・カリー(左)と競り合う八村塁【写真:AP】
14日(日本時間15日)の試合でステフィン・カリー(左)と競り合う八村塁【写真:AP】

ウォリアーズ戦の客席最前列に…

 米プロバスケットボール(NBA)は、ウィザーズがウォリアーズと14日(日本時間15日)に対戦した。ウィザーズの八村は3ポイントを2本決めるなど、12得点を記録。第4クオーター(Q)では豪快なダンクを決めると“古参”のファンが、立ち上がって喜ぶ光景もあり、注目を集めた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 最終Qの残り5分25秒、パスカットからウィザーズが速攻。デニ・アブディヤから前線でパスを受けた八村は、悠々とダンクを決めた。見事な攻撃に会場最前列のファンの1人がは立ち上がってガッツポーズした。雄叫びを上げたスキンヘッドの男性は八村の母校、ゴンザガ大のユニホームを着用していた。背番号は21。八村の当時の背番号と同じだ。

“古参”のファンにウィザーズも注目。日本語版公式ツイッターに「八村塁選手のダンクにコートサイドのゴンザガ大学時代からのファン(?)も思わず立ち上がって拍手」と文面に記して、実際の映像を公開した。「ゴンザガの21番ユニだからガチの八村ファンかもしれんな」とコメントするファンも見られた。

 しかし、ステフィン・カリー(ウォリアーズ)に47得点を許すなど、ウィザーズは112-126で敗戦。“古参”ファンをさらに喜ばす八村の今後の活躍に期待したい。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集