[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

野次に泣いた大坂なおみ “心の強さ”求める米メディア「彼女は戦う土俵にいない」

12日(日本時間13日)に行われたテニスのBNPパリバ・オープン女子シングルス2回戦で敗れた世界ランク78位の大坂なおみ(フリー)。試合中には客席から飛んだ心ない野次に涙を流すシーンがあり、大きな話題になった。2日が経過した14日(同15日)も、米国のメディア関係者から様々な意見が寄せられていた。

大坂なおみ【写真:AP】
大坂なおみ【写真:AP】

BNPパリバ・オープン2回戦で試合中に野次浴びる

 12日(日本時間13日)に行われたテニスのBNPパリバ・オープン女子シングルス2回戦で敗れた世界ランク78位の大坂なおみ(フリー)。試合中には客席から飛んだ心ない野次に涙を流すシーンがあり、大きな話題になった。2日が経過した14日(同15日)も、米国のメディア関係者から様々な意見が寄せられていた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 試合では第1セットを1ゲームも奪えずに落とし、第2セットも奮闘したが、4-6でストレート負けを喫した大坂。涙を流すきっかけとなったのは、第1セット第1ゲーム終了後。海外メディアによると、観客の女性が「ナオミ、最低」と叫び、大坂は主審に詰め寄った。試合は続行されたが、ベンチで涙を拭うシーンもあった。

 このシーンは海外でも大きな話題となり、4大大会の女子シングルス優勝18度のマルチナ・ナブラチロワ氏が「心が痛む」「(大坂は)どうにかして強くならないといけない」と語ったほか、男子の元世界ランク1位アンディ・マレーも同情しながら「準備して、耐えないといけない」などと話していた。

 米国のメディア関係者からも、様々な意見が集まった。米放送局「NBC」の系列ネットワーク「ピーコック」の情報番組「ゼルリーナ・オン・ピーコック」の公式ツイッターは、司会者ゼルリーナ・マクスウェル氏の動画コメントを紹介。「想像してみてください。仕事をするためにオフィスに入ると誰かから最低だと野次られる。これがいまナオミ・オオサカが直面していることです」と、大坂の心中を慮った。

 一方、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のラジオ番組「FOXスポーツ・ラジオ」は、司会者ベン・マラー氏のコメントを紹介。「ナオミ・オオサカは世界で最も稼いでいる女性アスリート。この対応は全ての女性アスリートの印象を悪くする。野次に反応してしまうのなら他のことをしたほうがいい」と話したという。

 また米ラジオ局「Audacy」のスポーツ番組「ザ・ファン・モーニング・ショー」の司会者、コリン・ダンラップ氏も「あまり議論することではない。もしナオミ・オオサカが100列も上にいる客から『最低』と言われ感情的になっているのなら、彼女は世界を舞台に戦うための土俵にいないということだ」と語ったと伝えられており、野次をものともしない心の強さが大事という主張もあるようだ。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集