[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦に遠慮し「超後悔」 イタリア19歳が明かす北京の一幕「受け取っておけば…」

北京五輪のフィギュアスケート男子シングルに出場したイタリア人選手が、大会中の羽生結弦(ANA)とのやり取りを後悔しているようだ。2月10日のフリーで、暫定上位の選手が待つグリーンルームでの出来事を振り返っている。

羽生結弦【写真:AP】
羽生結弦【写真:AP】

北京五輪のグリーンルームでの出来事

 北京五輪のフィギュアスケート男子シングルに出場したイタリア人選手が、大会中の羽生結弦(ANA)とのやり取りを後悔しているようだ。2月10日のフリーで、暫定上位の選手が待つグリーンルームでの出来事を振り返っている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 北京五輪のことを振り返ったのは、イタリアの19歳ダニエル・グラスルだった。2月10日のフリー演技を終えて暫定上位に。3選手が結果を待つグリーンルームで、羽生と隣り合わせになった。

 羽生はアイシングのため氷水の入った袋を持っており、これをジェイソン・ブラウン(米国)の首に当てるなどコミュニケーションを取っていた。その後、グラスルにも手渡そうとする素振りを見せたが、グラスルは遠慮するような仕草をしていた。

 グラスルはインスタグラムのストーリー機能でこの出来事を振り返り、「受け取っておけばよかったなぁ。この瞬間を超後悔してる」と英文でつづった。フリーでPBを叩き出し、総合7位となった19歳は、羽生とコミュニケーションを取れなかったことを悔やんでいるようだった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集