[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東京マラソン 米記者が驚いた“日本ならでは”のゴール地点「何が起きているんだ?」

東京マラソンは6日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われた。米識者はゴールの瞬間に着目。テープを切るのは優勝選手だけでない、今大会のシステムに「一体何が起こっているんだ?」などと注目した。

東京マラソンで使用されたゴールテープに海外驚き(写真はイメージ)
東京マラソンで使用されたゴールテープに海外驚き(写真はイメージ)

ゴールテープに注目「次世代のレースだ」

 東京マラソンは6日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われた。米識者はゴールの瞬間に着目。テープを切るのは優勝選手だけでない、今大会のシステムに「一体何が起こっているんだ?」などと注目した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 37歳の世界記録保持者エリウド・キプチョゲ(ケニア)が初優勝を飾った東京マラソン。日本開催レースの歴代最速タイムをマークし、貫録を見せつけたが、米陸上系ポッドキャスト番組「CITIUS MAG」で共同ホストを務めるカイル・メルバー氏はレースの他に、海外ではあまり見られないある出来事に脚光を浴びせた。

 陸上の長距離レースの完走時に必須のゴールテープ。今大会はキプチョゲのほか、4位でフィニッシュした日本の鈴木健吾ら、優勝者以外のフィニッシュでもゴールテープが用意されていた。しかし、この光景がメルバー氏には新鮮だったようで、自身のツイッターに「誰もがゴールテープを破れる東京マラソンにようこそ! 一体何が起こっているんだ?」とつづり、少なくとも4人がテープを切ったゴールの瞬間を写真で伝えていた。

 海外ファンもこれに反応。「次は何を見せてくれるんだ?」「次世代のレースだ」「日本では一般的なことだ」などのコメントが寄せられた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集