[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ついに初Vの西郷真央 2位7度の昨季、糧になった悔し涙「帰りの車の中で思い出して…」

女子ゴルフの国内ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドレディスは6日、沖縄・琉球GC(6590ヤード、パー72)で最終日が行われた。5打差の8位で出た西郷真央(島津製作所)が6バーディー、1ボギーの67で回り、通算10アンダーでツアー初優勝を飾った。昨季は2位に7度も入りながら、勝てずに終了。師匠の尾崎将司、ツアーの先輩たちからの励ましも力に、20歳の西郷が大きな壁を乗り越えた。(取材・文=柳田 通斉)

ツアー初優勝を果たした西郷真央、稲見萌寧からハグされてニッコリ【写真:Getty Images】
ツアー初優勝を果たした西郷真央、稲見萌寧からハグされてニッコリ【写真:Getty Images】

女子ゴルフ今季開幕戦・ダイキンオーキッドレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドレディスは6日、沖縄・琉球GC(6590ヤード、パー72)で最終日が行われた。5打差の8位で出た西郷真央(島津製作所)が6バーディー、1ボギーの67で回り、通算10アンダーでツアー初優勝を飾った。昨季は2位に7度も入りながら、勝てずに終了。師匠の尾崎将司、ツアーの先輩たちからの励ましも力に、20歳の西郷が大きな壁を乗り越えた。(取材・文=柳田 通斉)

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

「勝ったよ」。西郷は観客から初優勝を知らされた。最終18番パー5。最終組の西村優菜、黄アルムがイーグルを奪えなかったことで、練習グリーン付近にいた20歳の耳に「朗報」が入った。瞬時にフラッシュを浴びたが、同期の山下美夢有と照れ笑い。涙は見せなかった。

「うれしかったのですが、うれしくて泣いたことないですし、『泣くのはまだ早いかな』とも思ったので」

 ただ、ここにたどり着くまでには、悔し涙を流していた。ルーキーシーズンとなった昨季(2020-21統合シーズン)では、7度の2位。昨年9月の日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯では、最終日を単独首位で迎えながら稲見萌寧に逆転された。

「帰りの車の中で思い返して、涙を流したことはありました。優勝するための大事なあと1歩が足りない。悔しいと思いながら、オフは練習していました」

 トッププロの仲間入りをしたことで、オフにさまざまな仕事も入った。練習量が確保できない時期には、周囲に愚痴をもらしたこともあったという。それでも、磨いてきたアプローチと状況判断が勝利をもたらした。

「あの場面は自分の中でアプローチの自信が持てていたので、安心してバンカーから出せました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集