[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伝説キプチョゲが東京マラソンを走った意味 強さと情熱を表現した「本物」の42.195km

東京マラソンは6日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、37歳の世界記録保持者エリウド・キプチョゲ(ケニア)が2時間2分40秒で初優勝を飾った。初参戦の東京マラソンで世界歴代4位、日本開催レースの歴代最速タイムをマーク。世界的スーパースターは日本の陸上ファンに情熱を届けた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

東京マラソンフィニッシュ直後のキプチョゲ【写真:代表撮影/ロイター/アフロ】
東京マラソンフィニッシュ直後のキプチョゲ【写真:代表撮影/ロイター/アフロ】

東京マラソン

 東京マラソンは6日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、37歳の世界記録保持者エリウド・キプチョゲ(ケニア)が2時間2分40秒で初優勝を飾った。初参戦の東京マラソンで世界歴代4位、日本開催レースの歴代最速タイムをマーク。世界的スーパースターは日本の陸上ファンに情熱を届けた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

「本物」はやっぱり違う。レース2日前の会見。隔離期間のため、リモートで参加したキプチョゲは、会場のスクリーンからでも特別な雰囲気を醸し出していた。

「私は競技に対して愛がある。世界中の若者が大好きだ。そういう思いが私を走り続けさせる。みんなにインスピレーションを与えるのが楽しいんだ」

 その情熱を解き放つ42.195キロだった。出だしから先頭集団を引っ張る展開。世界記録を上回るペースだった。先頭集団は10キロ付近でコースを間違えるハプニング。数メートル先からすぐに戻ったが、10秒ほどのタイムロスだった。だが、そんなことでは乱れない。コンパクトかつ躍動感のある悠々とした走り。25キロを過ぎ、ペースメーカーを振り切って前に出た。

 先頭集団はアモス・キプルト(ケニア)と2人だけ。36キロ過ぎからさらにギアを上げた。独走だ。「集団から飛び出たのは、良いタイムが出ると思って楽しくなったから。走ることへの愛情で『みんなを幸せにしたい』と思って飛び出したんだ」。2時間1分39秒の男子世界記録を持ち、16年リオ、21年東京と五輪連覇したレジェンド。東京マラソン初Vを飾り、マラソン戦績は16戦14勝に積み上げた。

「ランニングを通して日本のコミュニティーに希望とポジティブなエネルギーを届けたい」と宣言して来日。大会前、目標タイムを埋める6マスのボードには「STRONG」と記した。「多くの人たちにインスピレーションを与えることができた。STRONGなマラソンを走ると話したが、どういう意味だったか分かっていただけたんじゃないかな」。まさに有言実行。落ち着いた口調には最大限の説得力を含まれていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集