[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織のマレー撃破が2016年“名勝負”トップ3入り「今年最も拮抗した試合」

2016年を世界ランキング5位で締めくくった男子テニスの錦織圭(日清食品)。リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得し、全米オープンとATPツアー・ファイナルでは2年ぶりの4強に進出した。そんな26歳が挙げた金星が米メディア選出の2016年男子シングルスの名勝負トップ10で堂々のトップ3にランクインしている。

20161205_nshikori

米専門サイト特集、今季ベストゲームトップ10で3位選出

 2016年を世界ランキング5位で締めくくった男子テニスの錦織圭(日清食品)。リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得し、全米オープンとATPツアー・ファイナルでは2年ぶりの4強に進出した。そんな26歳が挙げた金星が米メディア選出の2016年男子シングルスの名勝負トップ10で堂々のトップ3にランクインしている。

 米スポーツ専門ニュースサイト「ブリーチャーズ・レポート」では「ランキング 2016年シーズンの男子テニスの試合ベスト10」を特集。9月の全米オープン準々決勝で錦織がアンディ・マレー(英国)をフルセットの死闘の末に撃破した試合が3位に入った。

「本命のアンディ・マリーと2014年大会のファイナリスト錦織圭とのUSオープン準々決勝の5セット目の終盤は全てのポイントがシーソーのようなドラマだった。錦織のクラシックな大番狂わせで幕を閉じた」

 記事では、錦織が1-6、6-4、4-6、6-1、7-5で逆転勝ちした試合をこう振り返っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集