[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、超速の“3.5秒弾”に米ファン仰天「規格外の一打だ」「非現実的な打球」

大谷翔平、超速の“3.5秒弾”に米ファン仰天「規格外の一打だ」「非現実的な打球」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地ヤンキース戦に「5番・DH」でスタメン出場。第1打席にヤンキース開幕投手の右腕セベリーノから4号先制ソロを放った。難しい内角の97マイル(約156キロ)を弾丸ライナーで、およそ3.5秒で右翼席に叩き込む“超速弾”をMLBは公式ツイッター、インスタグラムに動画付きで公開。ファンから「これまでの概念を覆すような規格外の一打だ」「非現実的な打球を見せつけられた」と唖然とした声が漏れている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

ヤ軍開幕投手から目にも止まらぬ4号ソロに唖然「うまい、そして、このパワーだ」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地ヤンキース戦に「5番・DH」でスタメン出場。第1打席にヤンキース開幕投手の右腕セベリーノから4号先制ソロを放った。難しい内角の97マイル(約156キロ)を弾丸ライナーで、およそ3.5秒で右翼席に叩き込む“超速弾”をMLBは公式ツイッター、インスタグラムに動画付きで公開。ファンから「これまでの概念を覆すような規格外の一打だ」「非現実的な打球を見せつけられた」と唖然とした声が漏れている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 あっという間に着弾していた。目にも止まらぬ大谷の“超速弾”が飛び出したのは、2回の第1打席だった。

 1死走者なし、対峙したのは名門ヤンキースで今季開幕投手を務めた剛腕セベリーノだ。1ボール1ストライクからの3球目。投じたのは97マイル(約156キロ)の内角速球だった。見送ればボールでもおかしくない厳しい球だ。しかし、大谷には関係ない。長い両腕を畳み、バットを振り抜いた。そして、完璧に捉えた。

 驚愕だったのは、その打球だ。低く鋭く打ち上がった白球は、まさにロケットという言葉が表現がぴったり。打球を見上げた次の瞬間には、右翼席に突き刺さっていた。熱狂に沸くエンゼルスタジアム。しかし、メジャー4本目のアーチを描いた大谷はいつも通り、クールに淡々とダイヤモンドを一周して帰ってきた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー