[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

G大阪の日本代表GKを襲った悲劇に海外も悲鳴 「身震いするようなクラッシュ」

サッカー日本代表同士の激しい接触シーンが海外にも衝撃を与えている。G大阪の日本代表GK東口順昭は21日のC大阪との“大阪ダービー”で味方DFと激突。顔面が変形するほどの衝撃シーンを海外メディアが「ゾッとする瞬間」と伝えている。

G大阪の日本代表GK東口順昭【写真:Getty Images】
G大阪の日本代表GK東口順昭【写真:Getty Images】

21日の“大阪ダービー”で起きた日本代表同士の接触シーンに英紙も注目

 サッカー日本代表同士の激しい接触シーンが海外にも衝撃を与えている。G大阪の日本代表GK東口順昭は21日のC大阪との“大阪ダービー”で味方DFと激突。顔面が変形するほどのシーンを海外メディアが「ゾッとする瞬間」と伝えている。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 前半11分、C大阪のGKキム・ジンヒョンが前線へフィード。相手のFWと共に、反応したのはG大阪の日本代表DF三浦弦太だ。懸命に下がってヘディングで対応しようと、飛び上がった次の瞬間だった。

 同様にボールを処理しようと、飛び出してきた東口と激しく衝突した。大歓声により、お互いの声も届かなかったのだろう。すぐに東口は交代したが、右眼から頬にかけて腫れ上がっていた。

「ゾッとする瞬間。ガンバ大阪のチームメート同士が頭をぶつけ合い大クラッシュ。頬骨は骨折し、歯が吹っ飛び、そしてW杯欠場のリスクだけが残った」

 英紙「サン」はこう見出しをつけて報じ、「身震いするようなクラッシュから生まれたショッキングな瞬間だ」と続けている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集