[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“10秒あれば点が入る” バルセロナが実践、電光石火カウンターに拍手「秒速の世界」

海外サッカーでわずか10秒の電光石火カウンターが話題を呼んでいる。スペインリーグのカップ戦「コパ・デル・レイ」決勝でバルセロナのオランダ代表GKヤスペル・シレッセンがスーパーフィードで先制ゴールを演出。正確無比なキックから生まれた高速ゴールを米FOXスポーツオランダ版が動画で公開すると、「最上級のロングフィードが誕生」などとサポーターの反響を集めている。

電光石火のカウンターからスアレスがゴール【写真:Getty Images】
電光石火のカウンターからスアレスがゴール【写真:Getty Images】

バルセロナの第2GKシレッセンのスーパーフィードから10秒で先制ゴール

 海外サッカーでわずか10秒の電光石火カウンターが話題を呼んでいる。スペインリーグのカップ戦「コパ・デル・レイ」決勝でバルセロナのオランダ代表GKヤスペル・シレッセンがスーパーフィードで先制ゴールを演出。正確無比なキックから生まれた高速ゴールを米FOXスポーツオランダ版が動画で公開すると、「最上級のロングフィードが誕生」などとサポーターの反響を集めている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 電光石火とはまさにこのことだろう。舞台は現地時間22日の「コパ・デル・レイ」決勝のバルセロナ-セビージャ戦だ。前半の14分、バルセロナのGKシレッセンがまるでミサイルのようなボールを蹴りだした。センターサークルを優に超え、前線のコウチーニョへ。距離にすれば約70メートルはあっただろうか。

 抜けだしたコウチーニョがそのまま抜け出すと、ゴール前でスアレスにラストパス。スアレスは右足で悠々とゴールネットを揺らした。シレッセンのスーパーフィードからわずか10秒後に生まれたゴールだった。

 このスペシャルなロングフィードからの一撃が公開されると、ファンは電光石火ぶりに度肝を抜かれたようだ。

1 2 3
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集