[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • イチロー、伝説の“そっくりさん”に米脚光で笑撃再び「2人はまるで双子のようだ」

イチロー、伝説の“そっくりさん”に米脚光で笑撃再び「2人はまるで双子のようだ」

4月20日は「NationalLookAlikeDay(全国そっくりさんの日)」として、米国でSNS上を中心に様々な“そっくりさん”が脚光を浴びているが、米大リーグではマリナーズのイチロー外野手のそっくりさんにスポットライトを当てた。かつて打席の背番号51と“完コピ”した動きを客席から披露し、話題をさらった映像を公開。あまりのクオリティーの高さに再び笑撃が広がっている。

マーリンズ時代のイチロー【写真:Getty Images】
マーリンズ時代のイチロー【写真:Getty Images】

「全国そっくりさんの日」、かつて話題をさらった“客席のイチロー”にMLBが脚光

 4月20日は「NationalLookAlikeDay(全国そっくりさんの日)」として、米国でSNS上を中心に様々な“そっくりさん”が脚光を浴びているが、米大リーグではマリナーズのイチロー外野手のそっくりさんにスポットライトを当てた。かつて打席の背番号51と“完コピ”した動きを客席から披露し、話題をさらった映像を公開。あまりのクオリティーの高さに再び笑撃が広がっている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広、秋本真吾(GROWINGへ)

 打席にも客席にもイチローが現れた。MLB公式ツイッターが「2人はまるで双子のようだ」と題し、公開したのは1本の動画だった。16年6月13日(日本時間14日)、マーリンズに在籍していたイチローは敵地パドレス戦に出場。当時、ピート・ローズが持つメジャー歴代最多記録があと4本に迫り、全米の注目が集まっていたが、この日、脚光を浴びたのは“客席のイチロー”だった。

 イチローが打席に入った場面で、カメラがとらえたのは客席でマーリンズのキャップ、ユニホームをまとった日本人男性。足元をならしたり、バットを前後に振りながら間合いを取ったり、打席のイチローと動きを合わせ、“完コピ”している。顔もどことなく似ていて、肩を触る仕草など、動作の再現度がいちいち高いから驚きだ。

 中継局はご丁寧に画面を左右に2分割して2人のイチローを映し出し、これには実況、解説も「ハッハッハッ」と思わず爆笑してしまっていた。今回の投稿には「野球界でお気に入りのドッベルゲンガーを提供してください! #全国そっくりさんの日」とつづり、様々な“野球界のそっくりさん”を呼びかけていた。

 当時、イチローのそっくりさんは中継局の直撃インタビューを受けるなど、大きな話題となったが、こうして「そっくりさんの日」の“代表例”として登場するあたり、メジャーリーグには鮮烈な印象として刻まれているのかもしれない。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー