[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「世界のカワウチ」へ? 川内優輝、英公共放送が“パンタ着ぐるみの激走”に脚光

「世界のカワウチ」へ? 川内優輝、英公共放送が“パンタ着ぐるみの激走”に脚光

男子マラソンの川内優輝(埼玉県庁)が16日、ボストンマラソン(米ボストン)で2時間15分58秒で優勝。日本人として瀬古利彦以来、31年ぶりの快挙を果たした「市民ランナー」を、英公共放送「BBC」も紹介。“前哨戦”で見せたパンダの着ぐるみ激走に注目を寄せている。

川内優輝【写真:Getty Images】
川内優輝【写真:Getty Images】

英公共放送BBCがボストンマラソンV特集「優勝候補たちを破り、大番狂わせを供出」

 男子マラソンの川内優輝(埼玉県庁)が16日、ボストンマラソン(米ボストン)で2時間15分58秒で優勝。日本人として瀬古利彦以来、31年ぶりの快挙を果たした「市民ランナー」を、英公共放送「BBC」も紹介。“前哨戦”で見せたパンダの着ぐるみ激走に注目を寄せている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広、秋本真吾(GROWINGへ)

 寒風、大雨という凍てつく寒さで行われた122回の伝統を誇るボストンマラソンは、男女ともに市民ランナーが主役になった。

 女子の部ではアリゾナで看護婦として働いているサラ・セラーズさんが2位に躍進。大学時代に陸上界に身を置いていたセラーズさんは弟の付き合いで185ドル(約1万9800円)の参加費を支払いエントリー。まさかの快走で7万5000ドル(約806万円)の賞金を手にすることになったと伝えている。

 そして、男子の部では、日本が誇る最強の市民ランナーが主役の座を奪った。

 独走状態だった昨年大会の優勝者で、世界選手権も制しているジョフリー・キルイ(ケニア)を抜き去る逆転劇。特集では「男子部門の優勝者は日本からやってきたユウキ・カワウチだ。彼もまた優勝候補たちを破り、大番狂わせを供出した」と紹介されている。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー