[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平撃ちにRソックス党は誇らしげ「感じているかい? メジャーの恐ろしさを」

大谷翔平撃ちにRソックス党は誇らしげ「感じているかい? メジャーの恐ろしさを」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が17日(日本時間18日)、本拠地レッドソックス戦に先発したが、先頭打者アーチを浴びるなど2回3失点、66球で降板し、開幕3連勝はならなかった。MLB、レッドソックスはベッツが放った先頭打者弾を動画付きで公開。全米の注目を浴びる二刀流右腕を打ち崩し、レッドソックス党からは「ここからが我々の“ショー・タイム”だ」「オオタニ、感じているかい? メジャーの恐ろしさを」と誇らしげな声が上がっている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

レッドソックス戦で2回3失点KO…米ファン「オオタニがやっとMLBに出会った」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が17日(日本時間18日)、本拠地レッドソックス戦に先発したが、先頭打者アーチを浴びるなど2回3失点、66球で降板し、開幕3連勝はならなかった。MLB、レッドソックスはベッツが放った先頭打者弾を動画付きで公開。全米の注目を浴びる二刀流右腕を打ち崩し、レッドソックス党からは「ここからが我々の“ショー・タイム”だ」「オオタニ、感じているかい? メジャーの恐ろしさを」と誇らしげな声が上がっている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 大谷が鮮烈な一発を浴びた。初回先頭で対峙したのは、16年に31本塁打を放っている強打のリードオフマン、ベッツ。フルカウントまで粘られ、投じた7球目だ。低めの直球を真芯で捉えられた。振り返った先で打球は高々と舞い上がり、左中間方向にぐんぐん伸びていく。そして、フェンスを越えた。先頭打者ホームラン――。本拠地は沈黙と化した。

 MLB公式インスタグラムは「ムーキー・ベッツに誇大宣伝は通用しない」と題し、被弾の瞬間を動画付きで公開。すると、米ファンから「オオタニがやっとMLBに出会った」「改めてようこそ、メジャーへ」「今夜は眠れないかもしれないな」「レッドソックスほどの強敵を前にしたのは、初めてだろう」「現実はそう甘くはない」などと驚きのコメントが相次いだ。

 さらに、レッドソックス公式ツイッターも同様に本塁打のシーンを公開。レッドソックスファンから「投球自体はいい線いってる。ただ、打者が強烈すぎるんだ」「ここからが我々の“ショー・タイム”だ」「オオタニ、感じているかい? メジャーの恐ろしさを」「最強の打線を身をもって実感できただろう」と誇らしげな声が上がっていた。

 大谷は変化球が抜ける場面が目立ち、結局、2回3失点でメジャー最短降板となった。その後、降板は右手のマメの影響と発表され、本調子ではなかった面もあるだろう。シーズンは始まったばかり。巻き返しの時間は十分に残されている。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー