[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 西野ジャパンの切り札に? 曲がって落ちる、宇佐美貴史の芸術ミドルに称賛の声

西野ジャパンの切り札に? 曲がって落ちる、宇佐美貴史の芸術ミドルに称賛の声

サッカーロシアW杯を目前に控え、海外で日本人が輝きを放った。ドイツ2部デュッセルドルフの日本代表FW宇佐美貴史が、曲がって落ちる、鮮やかなスーパーミドル弾を叩き込んだ。「DAZN」公式ツイッターが、ゴールシーンを公開し話題を集めている。

デュッセルドルフの日本代表FW宇佐美貴史【写真:Getty Images】
デュッセルドルフの日本代表FW宇佐美貴史【写真:Getty Images】

曲がって落ちるスーパーミドル弾を披露、恩師・西野新体制で代表入りに期待

 サッカーロシアW杯を目前に控え、海外で日本人が輝きを放った。ドイツ2部デュッセルドルフの日本代表FW宇佐美貴史が、曲がって落ちる、鮮やかなスーパーミドル弾を叩き込んだ。「DAZN」公式ツイッターが、ゴールシーンを公開し話題を集めている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 現地時間15日のドイツ2部リーグ、ハイデンハイム戦だ。0-1の後半6分、ペナルティーエリアの手前、左サイドでパスを受けた宇佐美。小刻みなタッチで、シュートコースを探すようにボールを動かすと、迷わず右足を振りぬいた。

 カーブがかかった一撃は、ファーに曲がって鋭く落ち、ゴール右隅サイドネットに当たりながらゴールに吸い込まれた。GKが見送るしかないスーパーミドル弾。一時、同点に追いついた。

 このゴールシーンを「DAZN」が公開。公開から1日で再生回数は50万回に迫っている。ファンからは「シュートセンス半端ない!」「代表でもこんなプレーを」など称賛と、今後への期待の声が上がっていた。

 日本代表監督には、G大阪時代の恩師・西野朗氏が電撃就任。宇佐美にとっては、大成のきっかけを作ってくれた指揮官だ。代表のユニホームから遠ざかる時期もあったが、3月のベルギー遠征で復帰。西野体制となり、ロシア行きの切符をつかめるか――。このゴールは大きなアピールになったはずだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー