[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

20歳になった福岡第一“最強コンビ” 河村勇輝と小川麻斗がB1初対決で見せた成長度

冬場のBリーグは秋と冬にない魅力がある。それは特別指定選手の活躍だ。

河村勇輝(左)と小川麻斗の“福岡第一高の同級生対決”が実現【写真:SUNROCKERS SHIBUYA】
河村勇輝(左)と小川麻斗の“福岡第一高の同級生対決”が実現【写真:SUNROCKERS SHIBUYA】

特別指定選手制度により渋谷VS横浜の一戦で対戦が実現

 冬場のBリーグは秋と冬にない魅力がある。それは特別指定選手の活躍だ。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 特別指定は13名の登録制限を超えて、2名まで別枠で登録できる制度。卒業間近の大学4年生がこの制度を使って契約するケースが一般的で、大学3年生以下の選手が“インターンシップ”的に活用する例も多い。米須玲音(現日本大1年)や後述の河村勇輝(東海大2年)のように、大学入学前からB1のコートに立った選手もいる。

 2月2日のサンロッカーズ渋谷×横浜ビー・コルセアーズ戦では、“福岡第一高の同級生対決”が実現した。

 小川麻斗(日本体育大2年)は176センチ・77キロのシューター。昨季もライジングゼファー福岡の特別指定でコートに立ち、B2ではあるが1試合平均16.5分のプレータイムを得ていた。今季はB1渋谷でチャンスを掴んでいる。

 河村は172センチ・68キロのスピードスター。高3の全国大会を終えた直後、小川より1年早く、2019-20シーズンに三遠ネオフェニックスで衝撃的なB1デビューを飾っていた。昨季と今季は横浜の一員として試合に出場しており、すでにプロ3シーズン目だ。

 小川と河村は福岡第一高のダブルガードとして、2018年と19年のウインターカップ連覇に大きく貢献している。大学2年生、20歳になった2人による直接対決が、2日の墨田区総合体育館で実現した。秋の関東大学リーグで対戦しているものの、プロでは初の顔合わせだ。

 河村がまずコートに入った。第1クォーター残り5分27秒のタイムアウト明けに起用されると、直後のオフェンスで早速レイアップを沈める。渋谷のエースキラー・関野剛平を振り切る鮮やかなドライブだった。

 小川も第2クォーター開始と同時にコートに入った。マッチアップの相手はもちろん河村だ。小川は負けじと残り8分43秒に3ポイントシュートを沈め、直接対決では先手を取った。

 小川はコートイン直後のやり取りをこう振り返る。

「(軽い感じにやや高いキーで)『よろしくね?』みたいなことは言われました」

 河村もこう述べていた。

「コートに入った時は(低くて太い声音で)『おう』みたいな感じでした」

 それぞれの口真似がよく似ていて、2人で過ごした時間の長さが伝わってきた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集