[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

39歳福士加代子「ファンの皆さん最高です!」 引退レースで執念完走「面白かった」

大阪ハーフマラソンが30日、大阪・ヤンマースタジアム長居発着の21.0975キロで開催された。大阪国際女子マラソンと同時スタートとなり、引退レースの39歳・福士加代子(ワコール)は途中歩く場面もありながら1時間16分4秒の30位で執念の完走。数々の名シーンを残してきたランナーが、思い出深いコースでラストランを終えた。

福士加代子【写真:奥井隆史】
福士加代子【写真:奥井隆史】

大阪ハーフマラソン、福士加代子が現役最終レース

 大阪ハーフマラソンが30日、大阪・ヤンマースタジアム長居発着の21.0975キロで開催された。大阪国際女子マラソンと同時スタートとなり、引退レースの39歳・福士加代子(ワコール)は途中歩く場面もありながら1時間16分4秒の30位で執念の完走。数々の名シーンを残してきたランナーが、思い出深いコースでラストランを終えた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 思い出深い地を駆け抜けた。黒いユニホームの福士は5キロ地点を16分46秒で通過。女子先頭から4番手だった。途中で笑みを浮かべながら走る場面も。10キロ地点は33分35秒で女子先頭と30秒差。15キロ地点は50分58秒で1分12秒差の5番手だった。長居公園に入ると、沿道のファンから「最後まで楽しんで!」の声。しかし、福士は苦しそうに脇腹を押さえて大きく減速し、歩く場面もあった。

 追い抜く周りのランナーまでもエールを送る。トラックに入ると観客からも声援。福士は最後に笑顔で手を振りながら駆け抜け、1時間16分過ぎにフィニッシュした。2006年に当時日本記録の1時間7分26秒をたたき出したハーフ。最後の瞬間まで力を尽くし、ファンに激走を届けた。

 テレビインタビューでは満面の笑みでこう語った。

「最初と最後をここで終われてよかった。ま~、面白かったですね。ファンの皆さん最高です! もう最高です! 私の走りで、こんな状態ですけど、ちょっとでも希望を持ってくれたのならよかったと思います。ありがとうございました!」

 過去6度走った大阪国際は、08年に初マラソンを踏んだ舞台。当時は2位以下を大きく引き離したが、30キロを過ぎて大失速した。4度も転倒するほど朦朧とした状態でフィニッシュ。2時間40分54秒の19位だったが、ファンの脳裏に深く刻まれたレースだった。13年、16年は強さを見せつけて優勝。一方、東京五輪を目指していた19年は途中棄権、20年も25キロ過ぎでリタイアした。

 五輪は04年アテネから16年リオまで4大会連続出場。3000メートルや5000メートルで日本記録を打ち立て、「トラックの女王」と呼ばれるほどの強さを誇った。世界選手権は03年パリから5度出場し、13年モスクワはマラソンで銅メダル。奔放な発言は“福士節”と注目を浴び、ファンを楽しませた。記録にも、記憶にも残るレジェンドが現役生活に幕を下ろした。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集