[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1、2本目を超える3本目の飛距離は? 大谷翔平の3連発を米特集「簡単にやってのける」

3本共に文句なしの本塁打、大谷がスラッガーとしての能力をいかんなく発揮

 続いて4日(同5日)サイ・ヤング賞右腕のコーリー・クルーバーから放った2本目についてはこう言及。「この試合では、オオタニはサイ・ヤング賞に輝いたコーリー・クルーバーと対面することになった。このエースは最初の打席でオオタニを打ち取った。しかし、次の対戦では、23歳の怪物に400フィートのホームランをお見舞いされることになった」と中堅左へ運んだ一発を伝えている。飛距離は400フィート(約122メートル)だった。

【注目】スポーツ好きなら活用すべし アスリートとサポーターを“つなぐ”『チアスタ!』の教科書

 そしてこの日、ダニエル・ゴセットのツーシームを仕留めた第3号アーチだ。

「直近の試合での一撃は、最も飛距離の長いホームランとなった。その距離はなんと449フィート。バットからは心地の良い快音が鳴り響いていた。それをいとも簡単にやってのけているように見えるのだ」

 飛距離は1、2本目を大きく上回る449フィート(約137メートル)を記録していたという。

 3発いずれも飛距離、滞空時間共に文句なしの本塁打。大谷がまずはアーチストとしての才能をいかんなく見せつけている。

(THE ANSWER編集部)



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集