[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹が“1000分の1の奇跡”起こしていた 超絶ベタピンに米記者注目「かなり特別」

先週行われた米男子ゴルフのソニー・オープンで優勝した松山英樹(LEXUS)。プレーオフで放ったベタピンショットなどで称賛を浴びているが、米専門誌は「現在、人生で最高のゴルフをしている」と脚光。米ツアー通算8勝目を手繰り寄せた一打は“1000分の1”の確率だったと注目している。

松山英樹がプレーオフで魅せたショット、その確率とは【写真:AP】
松山英樹がプレーオフで魅せたショット、その確率とは【写真:AP】

ソニー・オープンで優勝、プレーオフで放った一打が脚光

 先週行われた米男子ゴルフのソニー・オープンで優勝した松山英樹(LEXUS)。プレーオフで放ったベタピンショットなどで称賛を浴びているが、米専門誌は「現在、人生で最高のゴルフをしている」と脚光。米ツアー通算8勝目を手繰り寄せた一打は“1000分の1”の確率だったと注目している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 首位と2打差で出た最終日。松山は7バーディー、ボギーなしの63で回り、通算23アンダーでラッセル・ヘンリーとのプレーオフに突入。18番パー5で行われた1ホール目、残り277ヤードからの2打目を3番ウッドで放つと、一直線に伸びていったボールはピンそば1メートル弱につけた。スーパーショットで観客を沸かせ、楽々イーグルを奪取。崔京周(韓国)のアジア人最多勝記録に並ぶ米通算8勝目を記録した。

 米専門誌「ゴルフダイジェスト」は、アレックス・マイアーズ記者の署名で「ヒデキ・マツヤマの千に一度のショット」などと見出しを打った記事を掲載。「ヒデキ・マツヤマは4月にマスターズで優勝したが、日本人スターは現在人生で最高のゴルフをしている」と脚光を浴びせた。

「堂々とした一打だった」と注目したプレーオフの第2打については、スタッツ専門家のルー・スタグナー氏がツイッターに投稿したデータを紹介。2004年からの18年間において、この18番ホールのフェアウェーでは残り275~280ヤードからのショットが計2万7018回あり、そのうちピンまで36インチ(約91センチ)以内に寄せたのは29回しかなかったという。

 確率にして約0.1%。ほとんど“1000回に1度”しかない奇跡的ショットだったと伝えたマイアーズ記者は「スタグナーがヒデキのあっぱれなショットがどれだけ凄いかを示した」「私は数学が得意ではないが、千に一度とはかなり特別だ」と驚きをつづっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集