[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

実業団ランナーと「セカンドキャリア論」 異色の駅伝監督が問う“引退後”の青写真

創部4年にして昨年元日の第65回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)に初出場した埼玉医科大学グループ男子駅伝部は、36チーム中20位と大健闘した。2017年に部員5人で立ち上がったチームは、いかにして短期間で急成長を果たし、実業団陸上界に新たな風を吹き込んだのか。今回は実業団チームとセカンドキャリアについて。異色のキャリアを歩んできた柴田純一監督は、自らが苦い経験を味わったからこそ、学生ランナーを勧誘する上で引退後の環境もしっかりと整えることが実業団チームにとって重要だと語っている。(取材・文=河野 正)

埼玉医大Gの柴田純一監督が選手引退後の環境について語る【写真:河野正】
埼玉医大Gの柴田純一監督が選手引退後の環境について語る【写真:河野正】

埼玉医大G・柴田純一監督インタビュー第3回、入社前からセカンドキャリアに配慮

 創部4年にして昨年元日の第65回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)に初出場した埼玉医科大学グループ男子駅伝部は、36チーム中20位と大健闘した。2017年に部員5人で立ち上がったチームは、いかにして短期間で急成長を果たし、実業団陸上界に新たな風を吹き込んだのか。今回は実業団チームとセカンドキャリアについて。異色のキャリアを歩んできた柴田純一監督は、自らが苦い経験を味わったからこそ、学生ランナーを勧誘する上で引退後の環境もしっかりと整えることが実業団チームにとって重要だと語っている。(取材・文=河野 正)

   ◇   ◇   ◇

 昨年の元日に初出場した第65回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)で、36チーム中20位と大健闘した埼玉医科大学グループ男子駅伝部のメンバーは、埼玉医大病院と埼玉医大国際医療センターの医務課に配属され、受付や会計などの窓口業務を担当している。40歳の柴田純一監督は大学生を勧誘する際、必ず職場を見学してもらうそうだ。

「引退したら何十年と勤務するわけですからね。ここで働けますか、この職業でいいですか、うちはこうですよ、こんなこともありますよ、と説明して本人の意思を確認します。伸びてきたチームだからとか、楽しそうにやっているから、という理由だけで選んでもらっては困る。うちの仕事に乗り気でなかったら、ほかの実業団を探してもらいます」

 50代、60代になっても現役でいられる競技種目はいくつかあるが、大半のアスリートが20代か30代で引退する。ましてやスピードと持久力、体力が絶対条件となる陸上の長距離選手がベストの状態を堅持できる時間は、そう長くはない。柴田監督によると大卒選手は実業団入りから平均して5年、どんなに長くても8年くらいで引退に追い込まれるそうだ。故障が絶えない選手なら、競技を続ける期間はさらに短くなる。

 柴田監督は怪我を繰り返しながら現役でいることの辛さ、苦しさを痛いほど経験してきたうえ、社会人になってからは起伏に富んだ経歴を重ねてきただけに、まだ入社前の学生だというのに引退後のセカンドキャリアにまで配慮しているのだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集