[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • C.ロナウド、跳びすぎた「地上238cmの衝撃」に海外賛辞「完全なる芸術作品」

C.ロナウド、跳びすぎた「地上238cmの衝撃」に海外賛辞「完全なる芸術作品」

サッカーのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)は3日(日本時間4日)、決勝トーナメント準々決勝第1戦でレアル・マドリード(スペイン)がユベントス(イタリア)に3-0で先勝。話題を呼んだのが、2得点したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのオーバーヘッド弾だ。スペインメディアはボールを蹴った位置が驚異の地上238センチだったと紹介。さらに、米メディアはボールのインパクトの決定的瞬間を捉えた1枚の画像を紹介し、「完全なる芸術作品」と称賛している。

レアル・マドリードのFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
レアル・マドリードのFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

蹴った位置は地上238cm!? “超絶バイシクル弾”の決定的瞬間を捉えた一枚を公開

 サッカーのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)は3日(日本時間4日)、決勝トーナメント準々決勝第1戦でレアル・マドリード(スペイン)がユベントス(イタリア)に3-0で先勝。話題を呼んだのが、2得点したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのオーバーヘッド弾だ。スペインメディアはボールを蹴った位置が驚異の地上238センチだったと紹介。さらに、米メディアはボールのインパクトの決定的瞬間を捉えた1枚の画像を紹介し、「完全なる芸術作品」と称賛している。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 なんという滞空時間、そして、高さなのか。米放送局「FOXスポーツ」公式インスタグラムは1枚の画像を公開した。

 降りしきる雨の中、宙を舞うロナウド。地面に背を向け、空中で隆々とした筋肉が覗く右足を高く振り上げ、つま先でボールを捉えた瞬間だ。こんな態勢でありながら、しっかりとボールを見てコンタクトしている。そして、空中戦に強いイタリア代表DFデ・シリオが頭からクリアに行っているが、ロナウドの足はさらに50センチ以上はあろうかというくらいに高い。

 世界に衝撃を与えたバイシクル弾をとらえた一枚。投稿は「完全なる芸術作品」という言葉を添えている。何よりも目について凄いのは高さだ。スペイン紙「マルカ」は独自に算出し、地面に水平に浮き上がった背中は地上141センチ、ボールをコンタクトした足は地上238センチと紹介している。こんなに高ければ、頭から競り合っても分が悪くなるのは無理もない。

 ロナウドの超絶ゴラッソを巡っては、米放送局「ESPN」は「C.ロナウドが“常軌を逸する異常なゴール”を披露」、英紙「ガーディアン」は「C.ロナウドの衝撃的すぎるオーバーヘッドがレアルを救う」と特集するなど各国で取り上げられ、世界で注目の的になっていた。地上238センチから放たれた芸術的一撃は、CL史に語り継がれるものとなるだろう。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー