[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

話題の4回転アクセル挑戦の裏で…米フィギュア記者に笑撃「史上最高のリアクション」

フィギュアスケートの北京五輪代表選考を兼ねた全米選手権は9日(日本時間10日)、男子フリーが行われ、アルトゥール・ドミトリエフが4回転アクセルに挑戦した。日本では羽生結弦(ANA)も挑戦中の大技。米名物記者が背後に自身も映った注目シーンの動画を公開すると、「史上最高のリアクション動画」「彼にGOE+5点を」と米ファンの笑いを誘っている。

4回転アクセルに挑戦したアルトゥール・ドミトリエフ【写真:AP】
4回転アクセルに挑戦したアルトゥール・ドミトリエフ【写真:AP】

4回転アクセル挑戦を見守った米記者に注目

 フィギュアスケートの北京五輪代表選考を兼ねた全米選手権は9日(日本時間10日)、男子フリーが行われ、アルトゥール・ドミトリエフが4回転アクセルに挑戦した。日本では羽生結弦(ANA)も挑戦中の大技。米名物記者が背後に自身も映った注目シーンの動画を公開すると、「史上最高のリアクション動画」「彼にGOE+5点を」と米ファンの笑いを誘っている。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 大技にチャレンジした時だった。ドミトリエフは助走をつけて4回転アクセルに挑戦。勢いよく踏み切ったが、回転が足りず着氷でバランスを崩した。この瞬間、リンクの奥で大きく両手を広げる人物が……。腰を上げ、思わず激しめのリアクションを取っている。

 正体は米名物記者のジャッキー・ウォン氏だった。自身のツイッターに動画付きで「不覚にも大興奮シーンを抜かれてしまった」と投稿。米ファンからは「Ahahaha amazing」「大会ではジャッキー・カメラが必要なのを証明したね!」「史上最高のリアクション動画」「笑。ジャッキーさんにGOE+5点を」「HAHAHA 面白すぎる」「全米選手権のお気に入り場面の一つかも」と注目を浴びている。

 ドミトリエフの4回転アクセルは転倒まではいかなかったが、わずかに手をついた。結果は回転不足。フリー120.61点、合計183.01点で11位だった。2018年のGPロシア杯フリーでも試みたが、転倒してダウングレードに。公式戦での挑戦は当時が初だった。今季から手続きを経て米国に主戦場を移している。

 日本では、羽生が昨年末の全日本選手権で挑戦し、大きな話題を集めた前人未到の大技。両足ではありながら着氷には成功し、判定はダウングレードだった。北京五輪での成功が期待されている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集