[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、異次元の322.36点 安藤美姫も称賛「流石の演技」「世界中の想いが届いた」

フィギュアスケートの北京五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権は26日、さいたまスーパーアリーナで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が合計322.36点で優勝。3大会連続の五輪出場を当確させた。誰も決めたことがない世界史上初の大技・4回転アクセル(4回転半)に挑み、両足ながら着氷。全日本選手権は2大会連続6度目の優勝となった。宇野昌磨(トヨタ自動車)が2位、18歳の鍵山優真(オリエンタルバイオ・星槎)が3位。

全日本選手権で2大会連続6度目の優勝を決めた羽生結弦【写真:Getty Images】
全日本選手権で2大会連続6度目の優勝を決めた羽生結弦【写真:Getty Images】

前人未踏の4回転半に両足着氷、インタビューでは言葉詰まらせる

 フィギュアスケートの北京五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権は26日、さいたまスーパーアリーナで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が合計322.36点で優勝。3大会連続の五輪出場を当確させた。誰も決めたことがない世界史上初の大技・4回転アクセル(4回転半)に挑み、両足ながら着氷。全日本選手権は2大会連続6度目の優勝となった。宇野昌磨(トヨタ自動車)が2位、18歳の鍵山優真(オリエンタルバイオ・星槎)が3位。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 プログラム「天と地と」を演じた羽生。冒頭でいきなりの大技、4回転アクセルに挑戦。両足ではありながらも着氷したが、判定はダウングレードとなった。その後はジャンプを全て決める圧巻の演技。フィニッシュを決め、観客のスタンディングオベーションを浴びた。テレビインタビューでは言葉を詰まらせる場面も。表彰式には笑顔で現れた。

 安藤美姫さんはこの日、男子フリーに登場した選手の演技をツイッターで伝え続けた。羽生については「流石の演技です オリンピックチャンピオンとして世界チャンピオンとしての滑りを魅せて下さいました」と絶賛。「私が言える立場ではないですが本当に素晴らしい精神力です 待っていた日本中、世界中の方々の想いが届きましたね!」とつづった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集