[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、男子先輩スケーターも320点超えVを称賛「何で跳べるの?連発で凄すぎ。笑」

フィギュアスケートの北京五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権は26日、さいたまスーパーアリーナで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が合計322.36点で優勝した。3大会連続の五輪出場を当確させた。世界史上初の大技・4回転アクセル(4回転半)は両足着氷も、圧巻の高得点で全日本選手権は2大会連続6度目の優勝。男子フィギュア界の先輩からも、演技直後に称賛が送られている。

全日本選手権で6度目の優勝を決めた羽生結弦【写真:Getty Images】
全日本選手権で6度目の優勝を決めた羽生結弦【写真:Getty Images】

全日本選手権で優勝、北京五輪代表に当確

 フィギュアスケートの北京五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権は26日、さいたまスーパーアリーナで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が合計322.36点で優勝した。3大会連続の五輪出場を当確させた。世界史上初の大技・4回転アクセル(4回転半)は両足着氷も、圧巻の高得点で全日本選手権は2大会連続6度目の優勝。男子フィギュア界の先輩からも、演技直後に称賛が送られている。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 今季初戦のフリー、羽生がフィギュアファンを魅了した。冒頭、大技の4回転アクセルに挑戦。高い跳躍を見せたが、両足着氷でダウングレードと判定された。それでも残るジャンプは全て成功。プログラム「天と地と」を演じ切り、フィニッシュ後はスタンディングオベーションを浴びた。

 貫録を示した五輪連覇王者に、男子の先輩スケーターからも賛辞が送られた。村上大介さんはツイッターで、宇野、鍵山を含めた上位3人の演技に言及。「プレッシャーの中でも素晴らしいパフォーマンスでした」と綴った。

 またバンクーバー五輪代表・織田信成さんもツイッターを更新。「4A挑戦してからのジャンプ完璧は流石過ぎるしジャンプとジャンプの距離短すぎて、そっからなんで跳べるの?連発で凄すぎ。笑 宇野くんも鍵山くんも素晴らしかった! お疲れ様です!」と衝撃を伝えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集