[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、英メディアが試合中に驚いた「珍しい」シーン「タイソンが愛する理由示した」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級(53.5キロ以下)タイトルマッチ12回戦が14日、東京・両国国技館で行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のWBA10位&IBF5位アラン・ディパエン(タイ)に8回2分34秒TKO勝ちした。WBA6度目(正規王者時代も含む)、IBF4度目の防衛に成功した。英メディアは試合中に繰り出された3連続アッパーに注目。「マイク・タイソンが愛する理由を再び示した」と報じている。

2年1か月ぶりの国内凱旋試合で8回TKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】
2年1か月ぶりの国内凱旋試合で8回TKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】

4回に繰り出した猛烈な攻撃「珍しい3連続アッパーを着弾」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級(53.5キロ以下)タイトルマッチ12回戦が14日、東京・両国国技館で行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のWBA10位&IBF5位アラン・ディパエン(タイ)に8回2分34秒TKO勝ちした。WBA6度目(正規王者時代も含む)、IBF4度目の防衛に成功した。英メディアは試合中に繰り出された3連続アッパーに注目。「マイク・タイソンが愛する理由を再び示した」と報じている。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 モンスターがギラついた。終始押していた4回、ガードを固めるディパエンに左アッパーを高速3連発を繰り出した。会場もどよめいたシーン。英ラジオ局「トークスポーツ」は「ナオヤ・イノウエがKO前に珍しい3連続アッパーカットを着弾、マイク・タイソンが愛する理由を再び示した」と見出しを打って記事を掲載した。

「ナオヤ・イノウエが再びエリート級の技術を披露した」と評した上で「イノウエは力の差がある相手に3連続アッパーカットを着弾し、観客を沸かせた」と言及。「マイク・タイソンは以前、日本人王者への愛について熱狂的に語っていた」とし、ヘビー級レジェンドであるタイソンがかねて、日本の誇るモンスターに対して評価するコメントを述べていたことを伝えた。

 8ラウンドを要したものの、貫禄の防衛を果たした井上。2年ぶりに行われた試合だったが、パウンド・フォー・パウンドで上位に君臨する王者の試合には、海外からも熱視線が注がれていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集