[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 友野一希、大躍進の“日本の超新星”に海外脚光「小さな体格に山ほどの才能」

友野一希、大躍進の“日本の超新星”に海外脚光「小さな体格に山ほどの才能」

フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は24日、男子フリーが行われ、初出場の友野一希(同大)が自己ベストを約18点更新する173.50点で合計256.11点をマーク。5位に入り、来年の出場枠「3」確保に大きく貢献した。羽生結弦(ANA)に代わって出場し、躍動した19歳の超新星に対し、海外メディアも注目。「小さな体格に山ほどの才能」「スターの将来性があふれている」と称賛している。

友野一希【写真:Getty Images】
友野一希【写真:Getty Images】

自己ベスト約18点更新で5位入賞…米メディア「スターの将来性が溢れている」

 フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は24日、男子フリーが行われ、初出場の友野一希(同大)が自己ベストを約18点更新する173.50点で合計256.11点をマーク。5位に入り、来年の出場枠「3」確保に大きく貢献した。羽生結弦(ANA)に代わって出場し、躍動した19歳の超新星に対し、海外メディアも注目。「小さな体格に山ほどの才能」「スターの将来性があふれている」と称賛している。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 初の大舞台でも臆することがなかった。友野は11位に入ったショートプログラム(SP)に続き、フリーも持てる力を出し切った。滑り切ると、渾身のガッツポーズで感情を爆発させた。そして、得点を待ったキスアンドクライ。自己ベストを大幅に更新する173.50点が表示されると、思わず満面の笑みを浮かべ、喜んだ。

 米スケート専門メディア「icenetwork」公式ツイッターは、160センチには見えない迫力の演技について「小さな体格に山ほどの才能。カズキ・トモノにはスターの将来性があふれている」とコメントを添えて称賛。欠場した羽生の代役により、急きょ出場が決まった初舞台でも躍動した19歳の才能と未来に賛辞を送っていた。

 シニアデビューしたのは今シーズン。ジュニア時代から注目されていたが、着実に成長し、一歩ずつ階段を上がってきた。それが、初出場の大舞台で一気に才能が開花。友野は5位入賞と健闘し、宇野昌磨(トヨタ自動車)は銀メダルを獲得。見事に来年の出場枠「3」を確保し、日本フィギュア界にも大きな貢献を果たした。

 試合後には自身のインスタグラムでミラノの名所「ドゥオーモ」の前でおちゃめにポーズを取る写真を公開。愛くるしい19歳が羽生、宇野に続く存在として、来シーズン以降、楽しみな存在となることは間違いないだろう。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー