[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

13万円超、五輪みやげの爆買い話題 選手村のメキシコ選手に「なぜ大量にネクタイを」【東京五輪総集編】

2021年夏に東京五輪・パラリンピックが開催され、世界のアスリートが熱戦を繰り広げた。1年延期に無観客という未曾有の環境下、多くの海外選手やメディアが舞台裏をSNSで発信。日本文化の魅力を世界に伝えるなど、競技外も盛り上がった。そんな出来事を「東京五輪総集編」と題し、振り返る。今回は、海外選手が様々な五輪みやげを携えて帰国の途に就いた様子だ。飛込のメキシコ選手は13万円超を一挙に“爆買い”。その購入品をSNSにアップし、「13万円だと」「25000ペソもか」と話題を呼んでいた。

男子3メートル飛板飛込に出場したロメル・パチェコ【写真:Getty Images】
男子3メートル飛板飛込に出場したロメル・パチェコ【写真:Getty Images】

競技外も盛り上がった「東京五輪総集編」、次々と会計された様子とは

 2021年夏に東京五輪・パラリンピックが開催され、世界のアスリートが熱戦を繰り広げた。1年延期に無観客という未曾有の環境下、多くの海外選手やメディアが舞台裏をSNSで発信。日本文化の魅力を世界に伝えるなど、競技外も盛り上がった。そんな出来事を「東京五輪総集編」と題し、振り返る。今回は、海外選手が様々な五輪みやげを携えて帰国の途に就いた様子だ。飛込のメキシコ選手は13万円超を一挙に“爆買い”。その購入品をSNSにアップし、「13万円だと」「25000ペソもか」と話題を呼んでいた。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 五輪みやげを大量購入したのは、男子3メートル飛板飛込のロメル・パチェコ(メキシコ)だ。自身のTikTokにアップした動画には紙袋に詰め込んだみやげの実物から始まり、選手村のレジの映像へ。Tシャツ、ソフトボールに加え、大量のネクタイなど商品が会計されていた。そして、最後にレジ画面に映し出された金額はなんと13万8710円だった。

「東京五輪から持ち帰ったもの」と紹介した投稿には、ファンから「そのシャツ欲しい」「ソフトボールだ」「全部クールだ」「何かちょうだいよ」「いくら使ったの?」「13万円だと」「25000ペソもか」など驚きの声が相次ぎ、「なぜ、大量のネクタイ」のツッコミも飛んだ。

 五輪みやげについて、多くの海外選手が購入品をSNSで紹介。中にはパチェコのようにまとめて買い込んだ選手もおり、競泳のエミリー・シーボーム(オーストラリア)はTシャツやクッション、ペット用のリードなどのほか、およそ4万円のスカジャンも購入。話題となっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集