[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「大谷翔平はマジで好感持てる」 焦らされ笑った“VS変則左腕”に米爆笑「面白いね」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は打者として今季46本塁打を放ったが、打席の大谷を思わず笑わせた変則投法が“珍タイトル”を受賞した。米投球分析家がヤンキースの左腕ネストル・コルテスの投球モーションを独自に表彰。大谷と対峙した動画を公開すると、「この動画笑っちゃう」と現地ファンの笑いを誘っている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ヤンキース投手の変則投法が“珍受賞”

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は打者として今季46本塁打を放ったが、打席の大谷を思わず笑わせた変則投法が“珍タイトル”を受賞した。米投球分析家がヤンキースの左腕ネストル・コルテスの投球モーションを独自に表彰。大谷と対峙した動画を公開すると、「この動画笑っちゃう」と現地ファンの笑いを誘っている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 焦らしに焦らされた大谷が笑ってしまった。6月29日(日本時間30日)のヤンキース戦。マウンド上のコルテスは、プレートに置いた左足をトントンとステップを踏むかのように構え、しばらく動かない。ようやく右足を上げたかと思えば、かなりスローテンポでなかなか投げなかった。球審がタイムをかけて投球まで行きつかず。打席の大谷は白い歯を見せていた。

 実際の映像を、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏が自身のツイッターに公開。文面に「2021年タイミングを狂わせたピッチングニンジャ賞! 勝者:ネストル・コルテス(対ショウヘイ・オオタニ)」とつづり、独自に表彰した。現地ファンからは「この動画笑っちゃう」「大谷はマジで好感持てる」「ショウヘイはいつも笑顔だ」「面白いね」とコメントが寄せられている。

 フリードマン氏はツイッター上で「年間ベスト粘着物質検査」「母親が最も誇り思う瞬間」「ボーク・オブ・ザ・イヤー」など、独自タイトルを選定している。コルテスにとってはこれも打者を打ち取るための真剣勝負。今季、大谷以外に対しても、度々幻惑的な投球フォームを披露していたが、思わぬ形で“タイトル”を手にした。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集