[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 31歳コストナー、世界歴代3位の圧巻演技に地元紙感激 「今は夢心地に浸っていたい」

31歳コストナー、世界歴代3位の圧巻演技に地元紙感激 「今は夢心地に浸っていたい」

フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は21日、女子シングルショートプログラム(SP)を行い、地元の31歳カロリーナ・コストナー(イタリア)がパーソナルベストを更新する80.27点で首位に立った。SPでの80点越えはアリーナ・ザギトワ、エフゲニア・メドベージェワ(共にロシア)に次いで史上3人目。平昌五輪金メダリストのザギトワ(ロシア)が79.51点で2位。日本の宮原知子(関大)が74.36点で3位。

カロリーナ・コストナー【写真:Getty Images】
カロリーナ・コストナー【写真:Getty Images】

コストナーが地元で最高の演技披露、SP世界歴代3位の高得点で首位発進決める

 フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は21日、女子シングルショートプログラム(SP)を行い、地元の31歳カロリーナ・コストナー(イタリア)がパーソナルベストを更新する80.27点で首位に立った。SPでの80点越えはアリーナ・ザギトワ、エフゲニア・メドベージェワ(共にロシア)に次いで史上3人目。平昌五輪金メダリストのザギトワ(ロシア)が79.51点で2位。日本の宮原知子(関大)が74.36点で3位。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 驚異の31歳だ。地元の大声援をバックに、コストナーが優雅に、壮麗に舞った。冒頭の3回転フリップ-3回転トーループのコンビネーションを決めると、続く3回転ループも着氷。最後のダブルアクセルも成功させるなど、すべての要素でノーミスだった。

 得点はなんとパーソナルベストを更新し、世界歴代3位となる80.27点。ミラノの観客はスタンディングオベーションで称えた。

 イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」も「今はこの夢心地にまだ浸っていたい」と感動を伝えている。

「最も美しくて感動的なホームでした」

 記事によると、コストナーはロシア人コーチのアレクセイ・ミーシン氏の隣で感激と共にこう口にしたという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー