[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

寿司食べたいワリエワ、先輩トルソワらが買った“日本のお土産”明かす「美味しい」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦ロシア杯は27日までソチで行われ、女子シングルでは15歳のカミラ・ワリエワ(ロシア)が合計272.71点を記録。ショートプログラム(SP)、フリー、総合の全てで世界最高得点をマークし、優勝した。演技後はGPファイナルで大阪を訪れた場合、食べたい日本食などについて語ったようだ。ロシアメディアが報じている。

GPロシア杯を世界最高得点で優勝したカミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】
GPロシア杯を世界最高得点で優勝したカミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】

世界最高得点のワリエワが日本で楽しみにしているのは…

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦ロシア杯は27日までソチで行われ、女子シングルでは15歳のカミラ・ワリエワ(ロシア)が合計272.71点を記録。ショートプログラム(SP)、フリー、総合の全てで世界最高得点をマークし、優勝した。演技後はGPファイナルで大阪を訪れた場合、食べたい日本食などについて語ったようだ。ロシアメディアが報じている。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 SPで87.42点、フリーで185.29点と圧巻の演技を見せたワリエワ。ロシアメディア「sport24.ru」は、ワリエワが優勝後に応じた取材で語った内容を伝えている。今大会では、男子シングルを含めても最高得点を記録。「男子スケーターたちと競ってみたいと思いますか?」と問われ、こう答えている。

「いいえ(笑)。私は自分のカテゴリー(女子)で、が好きです。男子選手はより筋肉があり、より簡単にトリプルアクセルと4回転ジャンプが跳べます。私たち女子はこれらのジャンプを異なった様に跳びます」

 質問は大阪で行われる予定のGPファイナルにも及んだ。「あなたは初めて日本に行きます。食べられるならどのような食べ物を試してみたいですか?」と問われた15歳は「面白い質問です! スシを試してみたいです」と話し、日本を訪れた先輩たちがロシアに持ち帰ってきた“お土産”についても語っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集