[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

反則レベル!? 鬼肩捕手の驚愕“ノールック牽制”に米騒然「非現実的な腕力だ」

米大リーグで捕手が座ったまま“ノールック牽制”を繰り出し、一塁走者をアウトにするスーパープレーが発生。MLB公式インスタグラムが「ノールック牽制アウト?? これはクレイジー!」と題し、動画付きで紹介すると、米ファンから「これぞ不意打ち!」「非現実的な腕力だ」「反則レベルのキャッチャー」と驚愕が広がっている。

ツインズ捕手によるノールック一塁牽制が話題に【写真:Getty Images】
ツインズ捕手によるノールック一塁牽制が話題に【写真:Getty Images】

ツインズ捕手が走者欺く“座ったまま一塁牽制”でアウト…ファン「反則級の捕手だ」

 米大リーグで捕手が座ったまま“ノールック牽制”を繰り出し、一塁走者をアウトにするスーパープレーが発生。MLB公式インスタグラムが「ノールック牽制アウト?? これはクレイジー!」と題し、動画付きで紹介すると、米ファンから「これぞ不意打ち!」「非現実的な腕力だ」「反則レベルのキャッチャー」と驚愕が広がっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 確かに、マスクは正面を向いていた。頭脳と強肩が凝縮された驚愕の“ノールック牽制”を繰り出し、話題をさらっているのはツインズのウィリアン・アストゥディーヨだ。

 12日(日本時間13日)のオープン戦・ヤンキース戦だった。走者一塁の場面、左腕メヒアが投じた変化球に左打者が空振り。次の瞬間、アストゥディーヨの目がキラリと光った。座ったまま、事もなげに投手方向を向いて送球。しかし、腕の振りは違った。バランスを崩してホームベース側によれた打者の陰から投じたのは、一塁だった。

 座ったままとは思えない、鋭い送球。到底、牽制が来る体勢とは思えず、歩いて帰塁しようとしていた一塁走者は完全に不意を突かれ、反応が遅れた。慌てて戻り、頭から滑り込んだが、悠々アウトに。一塁走者のみならず、欺かれた形になった球場のファン、実況も驚きの声を上げ、騒然とした空気に包まれた。

 MLB公式インスタグラムは「ノールック牽制アウト?? これはクレイジー!」と題し、動画を公開。映像を観ると、投手が投球フォームに入った瞬間、一塁方向をチラリと見ている。緩慢な走者の動きを察知したのだろう。そして、捕球した後は一塁方向を見ることなく、正確に鋭い送球を送っている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集