[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上拓真、11日世界前哨戦へ計量パス 観戦予定の兄・尚弥から激励「しっかり勝てよ」

ボクシングのWBOアジアパシフィック・スーパーバンタム級(55.3キロ以下)王座決定戦12回戦が11日、東京・後楽園ホールで行われる。10日は前日計量が行われ、元WBC世界バンタム級暫定王者・井上拓真(大橋)がリミットの55.3キロ、相手の元東洋太平洋&日本スーパーバンタム級王者・和気慎吾(FLARE山上)がリミットを0.3キロ下回る55.0キロでパスした。戦績は25歳の井上拓が14勝(3KO)1敗、34歳の和気が27勝(19KO)6敗2分け。

井上拓真【写真:荒川祐史】
井上拓真【写真:荒川祐史】

井上拓真VS和気慎吾、11日ゴング

 ボクシングのWBOアジアパシフィック・スーパーバンタム級(55.3キロ以下)王座決定戦12回戦が11日、東京・後楽園ホールで行われる。10日は前日計量が行われ、元WBC世界バンタム級暫定王者・井上拓真(大橋)がリミットの55.3キロ、相手の元東洋太平洋&日本スーパーバンタム級王者・和気慎吾(FLARE山上)がリミットを0.3キロ下回る55.0キロでパスした。戦績は25歳の井上拓が14勝(3KO)1敗、34歳の和気が27勝(19KO)6敗2分け。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 余裕をもって計量をクリアした拓真は、リモート取材に応じ「最後までしっかり練習できたのでバッチリ仕上げられた。バンタム級に比べて気持ち的にも少し余裕ができて、ストレスなく落とすことができた」とコメント。試合間隔は10か月と長いが「その前も1年くらい空いていた。問題ないです。見据えているのは世界だけ。ここは通過点として何が何でも勝ちたい」と気持ちを高ぶらせた。

 WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の尚弥を兄に持つ拓真。2019年11月にWBC世界同級正規王者だったノルディ・ウーバーリ(フランス)との団体内王座統一戦で判定負けし、タイトルを手放した。今年1月には栗原慶太(一力)との再起戦に判定勝ちし、東洋太平洋バンタム級王座を獲得。王座を返上し、今回は1つ上の階級となる。

 世界ランクはバンタム級でWBO6位、WBCとIBFで8位。数年前にスパーリングで拳を交えた和気について「国内のスーパーバンタム級でトップの選手」と語り「自分の集中力と対応力で戦いたい。相手に打たせないことを徹底してやりたい」と意気込んだ。「しっかり勝てよ」と激励してくれた尚弥も応援に駆け付けるという。

 父・真吾トレーナーからは「集中力と冷静さが大事」と言われ、拓真は「集中したら負ける相手ではない。何もさせずに勝つのが大前提」と力を込めた。試合はフジテレビの運営する動画配信サービス「FOD」で生配信。「嬉しい気持ちでいっぱい。ファンにいい試合をして喜んでもらいたい」とモチベーションにした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集