[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

年齢に抗い続ける24歳の女帝リーザ 「屈辱的な採点」もつけた審判の風向き変化か

低年齢化が進む女子のフィギュアスケート界で、今なお第一線を走る24歳のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)。世界選手権2位に入った昨季に続き、今季もフィンランディア杯、グランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダともに2位に入るなど健在だ。その充実ぶりについて、母国のロシアメディアもクローズアップ。「女帝はジャッジにさえリスペクトされ始めた」と風向きの変化を指摘している。

GPシリーズ第2戦スケートカナダで2位に入ったトゥクタミシェワ【写真:Getty Images】
GPシリーズ第2戦スケートカナダで2位に入ったトゥクタミシェワ【写真:Getty Images】

24歳にして充実著しいトゥクタミシェワを露メディアが分析

 低年齢化が進む女子のフィギュアスケート界で、今なお第一線を走る24歳のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)。世界選手権2位に入った昨季に続き、今季もフィンランディア杯、グランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダともに2位に入るなど健在だ。その充実ぶりについて、母国のロシアメディアもクローズアップ。「女帝はジャッジにさえリスペクトされ始めた」と風向きの変化を指摘している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

「五輪前のトゥクタミシェワの驚くべき快進撃。女帝はジャッジにさえリスペクトされ始めた」。ロシアメディア「championat.com」はこんな見出しで特集した。トゥクタミシェワの歩みを振り返った上で今季について、こう記している。

「五輪シーズンのためにトゥクタミシェワは非常に多くの練習を自分に課した。彼女の主な問題は安定性の欠如だった。トゥクタミシェワは素晴らしく自身のトリプルアクセルを跳ぶことができていたが、残りのジャンプでミスをしていた。これのためにウルトラCエレメンツ(トリプルアクセル)は彼女に何の優勢性も与えておらず、むしろミスを補っていた。リーザの今シーズン初めの試合は輝かしいものではなかった。トゥクタミシェワはテストスケートとロシア杯で不完全に演技し、状態の悪さと五輪出場のチャンスのなさについての話を生んだ」

 シーズン開幕の国内大会では武器の3回転アクセル以外のジャンプに安定性を欠いたが、その修正のために懸命に練習に取り組んだと紹介している。結果として「信じ難いほどの安定性を得た」と言及。「リーザはフィランディア杯とスケートカナダで素晴らしい演技を見せた。最後に彼女が4回連続で優れた滑りを見せたのがいつかを思い出すのは難しい。エスポー(フィンランディア杯の開催地)とバンクーバーでトゥクタミシェワは230点以上を獲得した。彼女は五輪シーズンのスタートで驚くべき快進撃を見せた」と2大会連続2位となった躍進を評価した。

 目下の充実ぶりにより、周囲の目も変わってきているようだ。それが、記事にある「シーズン初めの試合の重要な成果は、リーザがとうとうジャッジからリスペクトされ始めたということだ」という指摘だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集